▼今すぐお金を借りたい▼

給料日前で自動車のローンや税金が払えない時ってありますよね。

大切な愛車を購入する際にオートローンを利用して購入する方が多いと思います。

車は高額な買い物になるため、一括では支払いが難しい方でもオートローンを活用して分割払いにしていれば楽に購入できます。

毎月の支払額が決まっているため返済計画も立てやすいですが、様々な事情で今月の支払いはどうしても難しい状況になる場合もあります。

まとまった金額が必要になるのはオートローンだけではありません。

自動車を所有している方に課税される自動車税も毎年課税されるため、きちんと用意しておかなければいけません。

自動車税の金額も排気量によって決まっているため事前に把握できるはずですが、家計状況がピンチの時にはかなり大きな負担になるものです。

オートローンの支払いや税金が期日までに払えない状況で、どうしても20万円ほど足りない場合はどうすべきだと思いますか?

ない袖は振れないとして、そのまま放置していると車が差し押さえられて手放さなければいけない状況になったり、給料が差し押さえられる措置が実行される可能性が高くなります。

せっかく頑張って支払い続けた車を簡単に手放したり差し押さえの恐怖に怯えるよりも、きちんと期日までに支払いができるように準備をした方が安心です。

どうしてもお金の融通ができない場合は、すぐにお金を借りられるカードローンで20万円を借り入れるという選択肢もあります。

カードローンを一度も利用した経験がない方にとっては非常にハードルが高く感じられますが、想像しているよりも低金利で利用しやすいのが特長です。

きちんと返済計画を立てて利用していればとても便利に活用できるため、車関連の支払いで困った時には気軽に活用している方も多いです。

車のオートローンや税金が払えない方が20万円借りる場合は、申し込んだその日のうちに審査がされて融資してもらえる可能性が高いと考えられます。

カードローンを上手に活用していれば、車関連だけでなく他の支払いに困った時にも便利に活用できますよ。

足りない分だけカードローンでお金を借りるという選択肢もあります。

自動車を購入する為のローンのことを「自動車ローン」、貸し出しする金融機関によっては「オートローン」や「マイカーローン」などと呼ばれています。

このローンは金利が低いのがメリットですが、中には車の税金が払えなくて困っている人も少なくありません。

一般的に車の税金が払えない状態になると車検が受けられず、最悪な場合、車が差し押さえられることもあります。

2年間滞納した場合は、次の年からは通知が来なくなります。

もう一度車に乗りたい場合は、2年間の車の税金と延滞金額を払うことになり、相当な金額になってしまいます。

最悪5年間払わなかった場合は強制的にその車は抹消されてしまいます。

期限までに払えなかった場合、利子が高く跳ね上がり15%近くなるので気をつけたい所です。

オートローンを組んだのはいいが、どうしても払えないという人は毎年増えています。

ローンが払えなくなる原因は様々ですが、主に収入に対して支払い額が高すぎたという原因が多いようです。

また、突然の給与減少やリストラ、病気や事故などで払えなくるのも原因の一つです。

そういう事態になると、当初は払えるものが段々払えなくなる悪循環に陥ります。

では、その払えなくなったときの対処ですが、一度オートローン会社に相談するのが一つの手です。

最悪の場合は車を手放す必要がありますが、どうしても必要なときや明らかに毎月の返済金額が多すぎた場合は、相談することで月々の返済金額を減らすことが可能です。

オートローンでは毎月の返済金額を途中から変更することも可能なので、先ずは悩む前に相談する事で解決することも出来ます。

さらに、車を手放したくないなら、オートローンや車の税金の足りない分をカードローンで借りて支払うという選択肢もありますよ。

「車のローン=ディーラーローン」はもう古い。

現金主義の方は普段からクレジットカードを使わずに、元気のみで支払いをする人もいると思います。

「後々、返済をすることを考えると不安になってしまうから、現金でしか支払いはしたくない。」という方もいるでしょう。

しかし、カードローンを利用するというのは、何も怖いことではありません。

計画を立て、上手に活用していけば、今よりもお得になることもあります。

では、カードローンの上手な利用についてご紹介しましょう。

現金主義の方は、どんなに大きな買い物でも「お金を貯めてから購入する」という方もいると思います。

確かに、その方が堅実ではありますよね。

しかし、カードローンを利用することで、カード会社によってはポイントなどを貯めることもでき、お得になる事もあるんですよ。

また、現金主義の方でも、さすがに車などの高額な買い物の際にはローンを利用する方が多いと思いますが、ディーラーなどで用意しているローンというのは、高い金利のものが多くなります。

その点、カードローンであれば低金利のもの多いですから、金利を抑えて車購入をすることもできるんです。

カードローンの金利が高いというのは過去の話。2010年6月に貸金業法が改正されてグレーゾーン金利が廃止されて以来、カードローンはどんどん低金利になっています。

「でも、とにかく返済ができなくなるのが怖い」という方は、最初から限度額を低い設定にしておけば、その額よりも多く借入を行うことはできませんから安心です。

ちょっとお金に困っている時などは、カードローンを利用することで、簡単に借入を行うことができますから、生活をしていく上ではとても便利なアイテムとして多くの人に利用されています。

ただ、「お金を借りる=借金」なので、他人には言わずにこっそりと借りている人が大半なので、利用者は実際よりも少ないと思われているようです。

そんなことはなく、実際はかなりの人が利用しているのが現実です。

スピード違反などの交通違反の罰金に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加