▼今すぐお金を借りたい▼

少しでも低い利息で済ませたいなら銀行カードローンの方がいいですよ。

お金を借りる方法は様々ありますが、人によって選ぶ方法は違ってきます。

一つの方法として、クレジットカードの「キャッシング枠」を使う方法があります。

そもそも、ほとんどのクレジットカードにはキャッシング機能が自動的についてきます。

「キャッシング枠」と「ショッピング枠」が別々になっているのです。

合計した金額で限度額が決まるわけではなく、買い物を沢山する場合には「ショッピング枠」の限度額の範囲内に抑えれば良いですし、お金を借りる時には「キャッシング枠」の限度額の範囲内に抑えれば大丈夫です。

このように、クレジットカードには一枚持つだけで方法を分けて利用できるメリットがあります。

クレジットカードの「キャッシング枠」を使う方法は、銀行のキャッシュカードを利用するときのように、ATMで暗証番号を入力するだけの簡単な方法です。

返済はショッピング枠を使った時と同じで、一緒に銀行口座から自動的に引き落とされるので、振り込みをしに行く必要はありません。

金利に関しては、消費者金融系のカードローンと同程度の水準になっています。

銀行系カードローンからお金を借りるよりも金利が高くなってしまいますが、クレジットカードの「キャッシング枠」には銀行系カードローンにはないメリットがあります。

それは審査の通りやすさで、独自の基準を設けて審査しているので審査条件が厳しくないところも多くなっています。

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる方法は簡単なので、利用している人は多いですね。

ただし、少しでも少ない利息でお金を借りたいなら、金利が低い銀行カードローンでお金を借りることをオススメします。

安易にエポスカードのキャッシング枠を使うより、低金利カードローンの方が利息が低く済みますよ。

どのクレジットカードにもメリットとデメリットがありますが、マルイエポスカードにもメリットとデメリットが存在します。

メリットについてですが、まずは入会費と年会費が無料な点です。

入会費と年会費が無料なので、マルイエポスカードを作って持つだけではお金は一切かからないので、気軽に持つことができるカードと言えます。

ただし、持つことだけではお金がかかりませんが、マルイエポスカードはキャッシング枠を使ってお金を借りた時に利息が高いというデメリットも同時にあります。

キャッシング機能が便利になっていて利用しやすくなっていますが、気軽にクレジットカードでの買い物と同じ感覚でキャッシング枠を使ってしまうと、金利がかさんで返済が大変になります。

マルイエポスカードの利息が高いのかどうかの判断は、カードローンの利息と比較してみることで分かります。

マルイエポスカードの上限金利は18.0%になっていますが、カードローンではもっと低金利になっているところが多いです。特に、銀行カードローンの金利の低さは目を見張るものがあります。

それなので、マルイエポスカードのキャッシング枠でお金借りる時には、カードローンよりも高い利息でお金を借りることになることを覚えておいて下さい。

お金借りる時に利息が高いということは、それだけ返済額も多くなるということなので、長期で見ると利用者にとってはデメリットになります。

気軽に借りてしまって返済が苦しくなることがないように、できれば、低金利カードローンでお金を借りることをオススメします。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるのは損な理由

クレジットカードにはショッピング枠だけではなく、キャッシング枠が付いているものも多くあります。

現金が必要な時にも対応できるキャッシング枠は非常に便利そうに思えますが、キャッシングをするならカードローンという選択肢もあり、実際にクレジットカードのキャッシング枠を利用するのはカードローンと比較して損をしてしまうことがあります。

まず、クレジットカードのキャッシング枠は一般的なカードローンよりも金利が高くなってしまうという点が挙げられます。

1度の返済で支払うことになる金利はそれほど高いと感じることはないと思いますが、借りたお金を全て返済する頃には金利の総額もそれなりの額になっているものです。

たとえ金利の差が1%だとしても、最終的な支払額に差が出ることは間違いありません。

金利のことを考えると、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのは損だと言えるわけです。

また、キャッシング枠を使ってばかりいると他のクレジットカードを利用する時に不利になるというデメリットもあります。

クレジットカードを作る時にも審査があるのですが、実はキャッシング枠を利用している人はそうでない人に比べて審査で不利になると言われています。

これは返済に遅れたことがあるかどうかは関係なく、毎月しっかり返済していても同じです。

便利だからとキャッシング枠を利用していたら他のカードを作ることができないこともあります。

カードローンでは返済に遅れない限り、新しいカードを作れないことはありませんから、この点でもカードローンの方がお得であると言えるでしょう。

さらに、クレジットカードのキャッシング枠はついつい使いすぎてしまう人が少なくありません。

クレジットカードもカードローンもお金を借りている、つまり借金をしていることには変わりないのですが、クレジットカードだとその感覚が薄れてしまうのです。

このように同じくお金を借りられる2つのサービスですが、色々な点を比べるとカードローンの方がお得なことが分かると思います。

マルイエポスカードは利息・限度額でスペックが低いので損します。

大手百貨店のマルイで作ることが可能なマルイエポスカードは、キャッシング機能も付いているためお金を借りることが可能です。

では、このマルイエポスカードとカードローンの違いについてご紹介しましょう。

まず、限度額から比較してみると、マルイエポスカードの限度額は99万円までとなっており、100万円以上の借入をすることは不可能となっています。

一方、一般的なカードローンでは限度額は審査の結果によっても変わるものの、最大で500万円までとなっているところが多く、カード会社によっては1,000万円近くの限度額としているところもあります。

必ずしも一度にこれだけの額が必要になるとは限りませんが、限度額が高い方がいざという時に備えることができますし、安心感もあります。

限度額での比較ではマルイエポスカードよりも、一般的なカードローンの方がお得だと言えるでしょう。

次に、利息を比較します。

マルイエポスカードの利息は年に18%となっています。

実はこの利息、決して安いとは言えない利息です。

限度額と同様に他のカードローンを見てみると最大の利息はマルイエポスカードと同じ18%のところもあるのですが、最小の利息の場合なら4%台のところが多くなります。

つまり、どんなに利息が高くなってもマルイエポスカードと同じ利息になるだけで、そうでなければより安い利息でお金を借りることができるわけです。

特に、銀行系のカードローンは利息が安いことが大きな特徴で、最大でも14%ほどとマルイエポスカードと比較して4%もの差が出ます。

マルイエポスカードはマルイで気軽に作れるということもあり利便性に優れているように思えますが、こうして比較してみると一般的なカードローンの方が限度額の面でも利息の面でもお得であることが分かります。

もし現在、お金を借りることを考えているならば、マルイエポスカードよりもその他のカードローンの方がお得にお金が借りられますよ。

友達・親・彼氏・彼女からお金を借りない方がいい理由に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加