▼今すぐお金を借りたい▼

友達にお金を借りると変な噂が拡散しますし、人間関係も壊れるので、カードローンで借りる方が利口ですよ。

友達・知人・友人にお金を借りる人が少なからず存在しますが、身近な人からお金を借りると何かとトラブルが起こりやすくなるので辞めた方がいいです。

辞めた方がいい理由としては4つあります。

1つ目は、人間関係を崩壊させるだけでなく、借りたお金をきちんと返済したとしても、貸してくれた友達・知人・友人に経済的負担をかけることになるからです。

2つ目は、知らないうちに悪い噂が広がるリスクがあるからです。

借りたお金の返済が遅れたり忘れていたりすると、信用を失うだけでなく、金にルーズな人とみなされ知らない所で良からぬ噂が飛び交うことも十分ありえます。

特に、今のインターネット時代ではソーシャルメディアが発達しているため、こうした悪い噂は一気に拡散されてしまいます。

3つ目は、返済期限が決まっていないことです。

返済期限がないと、頭の中では全額返済すると思っていても、貸した相手からしてみるといつ返ってくるのか分からず、ずーと不安な状態が続きます。

さらに、ひどい人になると時間と共に返済を忘れてしまったり、場合によってはお金を貸してくれた友達が何も言ってこないことを理由に、意図的に返済しないこともあるからです。

4つ目は、一度貸してくれたことをいいことに貸してくれた人は良い人だと思い込み、お金を何度も借りてしまいがちになることです。

以上が、友達・知人・友人からお金を借りるのがダメな理由です。

止むを得ない事情でどうしても友達・知人・友人からお金を借りる際は、借用書を作ってもらい、原本をお金を貸してくれる友人に保管してもらうようにします。

借用書には、貸主と借主の署名、書類を作成した年月日、返済期限、返済方法、貸した金額を入れるようにし、自筆で書くのが良いです。

借用書を作成しておくことで、トラブル回避、お互いの関係を悪くさせないことにつながります。

ただ、大切な知人に借用書を書いてもらうのはやっぱり気が引けますよね。

なので、友達からお金を借りるくらいならカードローンでお金をお金を借りることをオススメします。

カードローンなら利息はかかりますが、人間関係も壊れませんし、悪い噂を飛び交いませんし、変な引け目を追うことなく毎日を過ごすことができます。

親、兄弟、姉妹、親戚など身近な人との関係を大切にしたなら、カードローンでお金を借りましょう。

お金を借りる際には、まずは親しい知人や身近な家族からお金を借りるのがもっとも確実で安全な方法だというイメージが世間一般にはあります。

親や兄弟、親戚からお金を借りる場合には、ほとんどのケースで無利息無担保が大きな強みになると考えられていますが、そう言ったメリットを覆してしまうほどのデメリットが生じてしまうケースがあります。

たとえば、家族や親戚間の人間関係が損なってしまうことが挙げられます。

親戚や家族間のお金の貸し借りは、返済期限も基本的には無期限な場合が多く、そのような借り手側に有利な条件が借り手を増長させてしまい、多くのケースで家族や親戚は借金の返済の催促をすることができない状況になります。

その結果、ますます家族や親戚から借りた借金は返さなくてもいいという間違った認識を植えつけてしまい、結果として人間関係の崩壊に至ってしまうと言われているのです。

親や兄弟、親戚からお金を借りるのがダメな理由として以上のような理由が存在しますが、現代社会では借金をせずに生きていくことは困難だといわれているため、借金をする場合には家族や親族を頼るよりも銀行や消費者金融などのカードローンを利用していく方が賢い選択と言われています。

銀行カードローンや消費者金融のカードローンならば、ビジネスライクなやり取りで人間関係を崩す心配もなく、返済期限や融資限度額なども設定されているため、過度の借金も防ぐことも可能です。

彼氏・彼女に甘えちゃダメ。相手のことを愛しているならカードローンでお金を借りる方が賢い選択です。

お金が無くなってしまった時、どうしようもない理由で付き合っている彼氏や彼女からお金を借りるという人がよくいます。

恋愛関係にある以上、相手も信用があるからという理由でお金を貸してくれる確率は高いですし、返済にも寛容であるため、恋人間でお金の貸し借りを繰り返すカップルは後を堪えません。

しかし、彼氏・彼女からお金を借りるのは辞めた方がいいです。

なぜなら、多くの場合、そこから負の感情が生まれるきっかけになってしまうことが多いからです。

恋人からお金を借りると、借りた方が劣等感が持つ場合もありますし、人間としての心境の変化というものがとても反映しやすく、借りている側はいつでも返せるという感覚で借りてしまったりします。

逆に、貸している側も「彼(彼女)だから大丈夫」という根拠のない信用性を持ってお金を貸してしまうという事があるからです。

特に、口約束だけでお金の貸し借りをしてしまうと、貸したという証拠が残らずにお金だけを貸してしまう事となるので、不幸にも別れる時に大きな問題へと発展する事があります。

特に、女性が彼氏にお金を貸す場合は注意が必要です。「元カレが貸したお金を返してくれない」といっている女性は意外と多いからです。

更に、氏・彼女からお金を借りるのがダメな理由として、心理的な変化で借金をごまかすことができたりしてしまう事もあります。

こうなると、人としての信用をお互いが無くしてしまうキッカケになり、人間関係も崩してしまうので、恋人同士でいることすら難しくなります。

相手のことを愛しているなら、お金に困った時こそ、専門の業者であるカードローンを頼りにすべきです。

大切なパートナーを失いたくないなら、カードローンでお金を借りる方が賢い選択と言えます。

親・兄弟・親戚などの身内からお金を借りるのはやめた方がいい理由

どうしてもお金が必要になってしまった・・・そんな時に相談相手としてまず思い浮かぶのが親、兄弟、親戚といった身内ではないでしょうか。

身内はもっとも身近な存在ですし、友人には相談しにくいことも相談できるものです。

また、向こうも身内が困っているならとお金を貸してくれるかもしれません。

ですが、親・兄弟・親戚などの身内からお金を借りるのは絶対に避けるべきです。

確かに、身内から借りれば利息もないでしょうし、返済期限についても相談して決めることができます。

もしかしたら返すのはいつでもいいと言ってもらえるかもしれません。

ですが、この優しさがトラブルの原因になる可能性があります。

相手が身内ということもあり、こちらもどうしても甘えてしまうものです。

本来なら返済に使わなければいけないお金も他のことに使ってしまい、どんどん返済は遅れていきます。

厳しい取り立てがなく、返済のプレッシャーも少ないため、そのままズルズルと返済しない状態が続いてしまいがちです。

そうなれば、貸した側も一体いつになったら返してくれるのかと不安になっていきます。

この不安がやがては家族間での金銭トラブルに発展してしまうわけです。

このように、親や兄弟、親戚からお金を借りるというのは関係が深い間柄だからこそトラブルになる可能性があります。

お金の相談ができる相手は少ないものですが、だからといって身内に相談するのはやめましょう。

そこで活用したいのが、お金を貸すことを仕事としているカードローンです。

カードローンからお金を借りると利息の支払いが必要になってしまいますが、家族からお金を借りる時のように金銭トラブルが発生する心配もありませんし、多くのカードローンはフリーキャッシングといってお金の利用目的を問われることもありません。

毎月決まった日に返済をしなければなりませんが、身内から借りても返済しなければならないのは同じですし、それならば決まった日に確実に返済していくことになるカードローンの方がむしろ返済計画を立てやすいと言えます。

お金に困ったときは親・兄弟・親戚などの身内に相談するのではなく、カードローンの利用を検討した方が賢い選択と言えます。

身内という甘えから不安が生まれ、やがては金銭トラブルに発展します。

友達・知人・友人からお金を借りるのはやめた方がいいワケ

急にお金が必要になってしまった時、友人に相談してみようかと考える方も多いのではないでしょうか。

長い付き合いでお互いに信頼できる知人なら相談もしやすいですし、快くお金を貸してくれるかもしれません。

また、友達同士でのお金の貸し借りには利息が付かないことがほとんどですので、借りた分だけを返せばよいというメリットも考えられます。

返済期間についても友人と話し合って決めればいいですし、分割払いにする場合でもその額については柔軟に決定することができるでしょう。

こうした点を考えると、確かにお金に困ったときは知人に相談するのが良い方法のように思えます。

ですが、友達とのお金の貸し借りには大きなリスクがあることを知っておく必要があります。

人間関係のトラブルの原因として多いのはお金の貸し借りだからです。

例えば、当初はお互い納得のうえでお金の貸し借りをしたとします。

ですが、人の気持ちは変わるものですし、もしかしたらある日突然お金を返してくれと言われてしまうかもしれません。

その場ですぐに返せるようなら問題ありませんが、そうでなければトラブルに発展する可能性も十分にあります。

また、期日までに返済できなければやはりトラブルに発展し、仲の良かった友人との関係に亀裂が生じてしまうかもしれません。

このように、友人にお金を借りるというのはトラブルの原因となるためおすすめできません。

一方、カードローンを利用すればこうした心配はしなくて済みます。

しっかりとした契約に基づいてお金の貸し借りをすることになりますし、カード会社はあなたに返済能力があるかどうかを判断したうえでお金を貸します。

カードローンだと利息は付いてしまうものの、お互いお金の貸し借りだけのドライな関係ですのでトラブルが起きてしまうことはまずありません。

知人にお金を借りることを頼むと、最悪の場合SNSなどで変な噂を広げられる可能性がありますが、カードローンならそういった心配もありません。

友達にお金の相談をするというのは精神的にも嫌なものですし、お金が必要になった時はカードローンを利用するのがよいと言えるでしょう。

何でもそうですが、その道のプロにお願いするのが一番です。お金に困ったなら、お金を貸すことを仕事としているカードローンを利用するのが一番というワケです。

お金の貸し借りは人間関係のトラブルを招きます。借りるならその道のプロに借りましょう。

彼氏・彼女からお金を借りるのはNGなワケ、お金の貸し借りはダメ

急に現金が必要になってしまったが手持ちがない、そんな時、どうするのが正しいのでしょうか。

多くの方が考えるのが誰かにお金を借りるという方法だと思います。

とはいえ、お金を貸して欲しいというのは誰にでも言えることではなく、相談する相手も限られてくるものです。

例えば彼氏・彼女といった大切なパートナーがその相談相手の候補になると思いますが、彼氏や彼女にお金を借りるのは絶対にしてはいけません。

まず、どんなに愛し合っていても、お金の貸し借りはやがて大きなトラブルに発展する可能性があるからです。

最初は相手もすぐにお金を貸してくれるかもしれません。

ですが、もし返済が送れてしまったりすれば不信感が生まれますし、相手もいつになったら返してくれるんだと考えるようになっていきます。

お互いの信頼関係が崩れるわけですから、お金を借りたことによって相手との関係が崩れてしまうこともあるでしょう。

つまり、お金が原因で大切な人を失ってしまうかもしれないのです。

また、どんなに深い関係であっても彼氏や彼女は家族とは違う他人です。

お金を借りている間に別れることになってしまえば、その場ですぐに返済するよう求められるかもしれません。

この時に返済する余裕がなければ、やはり大きなトラブルになってしまいます。

こうした理由から彼氏や彼女からお金を借りるというのはおすすめできません。

もしお金が必要になった時は、お金を貸すことを生業としているカードローンの利用を検討してみてはどうでしょうか。

カードローンならお金の使い道を聞かれることもありませんし、いつでも手軽に申込をすることができます。

正式な契約を交わしてお金の貸し借りをすることになりますから、借りる側である私達にも安心感があります。

また、限度額内であれば何度でも利用することができるため、今後お金が急に必要になった時も便利です。

彼氏や彼女に何度もお金の相談をするのは辛いものですし、その意味でもカードローンの方がトラブルの心配もなく、便利に使うことができます。

パートナーのことを本当に思うなら、お金を借りる相手はパートナーではなくカードローンです。お金が原因で大切な相手を失ってしまうかもしれません。

カードローンの審査方法はどんな手順なの?に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加