▼今すぐお金を借りたい▼

20歳以上でアルバイトをしている大学生がカードローンで即日でお金を借りる方法とは?

大学生には年齢によって実は2種類存在します。

「20歳未満の未成年である大学生」と「20歳以上の成人である大学生」です。

同じ大学生でも未成年と成人の2種類に分かれているのです。

そして、この2つの壁は意外と大きいのです。

20歳になれば成人ですから、お酒もタバコも法律で認められます。それだけでなく、カードローンでお金を借りることもOKとされる年齢になります。

大学生でも20歳以上の成人なら、毎月アルバイトで少額でも安定した収入があるなら、カードローンでお金が借りられるのです。

一方、18歳や19歳といった未成年の大学生の場合、どんなにアルバイトで稼いでいたとしてもカードローンでお金を借りることはできません。

飲酒やタバコが法律で認められていないように、お金を借りることもできない年齢なんですね。なので、急いでいるなら日払いアルバイトなどで即金を得るしかないですね。

さて、20歳以上の成人である大学生がカードローンで即日でお金を借りる時に知っておくべきことが3つあります。

まず、1つ目は銀行営業日に申し込むということです。

カードローンにウェブから申し込み、審査に通ると、手続き後にアナタの銀行口座にお金が振り込まれます。

しかし、土日や祝祭日のように銀行が休みだと、振り込み作業自体ができないので、即日融資は不可能ということになります。

2つ目は申込時間です。

審査は申し込んだ順番に行われるため、申込時刻が遅いと審査の順番も遅くなり、振り込み時間の期限である15時に間に合わなくなります。銀行では15時以降の振り込みは翌日扱いになるからです。

そこで、ウェブから申込む場合でも、できれば午前中のうち、遅くても14時までには申し込んでおきたいところです。

3つ目は消費者金融系のカードローンに申込むということです。

銀行系カードローンの方が利息は低いですが、審査が厳しいので大学生というだけで審査に通らない可能性があります。

また、銀行系カードローンは審査も慎重で時間がかかるため、当日融資をしてもらえる可能性はすごく低いです。せいぜい、即日審査止まりです。

ですから、即日でお金が借りたいなら、銀行傘下に入っている消費者金融系カードローンにウェブから申込むようにしましょう。

以上が、即日でお金借りたい大学生が知るべき3つのことです。

大学生になると、欲しい洋服がたくさんあるでしょうし、旅行だって行きたいでしょうし、友達や恋人の誕生日プレゼントも買う必要があるでしょうし、サークル活動の資金も必要でしょうし、もちろん勉強するためのお金も必要になります。

アルバイトとカードローンの両方を上手に活用して、社会人になる前に学生生活を満喫したいですね。お金がないとできないことって多いですからね。

20歳以上でアルバイトをしていて、平日14時までにウェブから申しこめば即日でお金を借りることも可能です!

学生だと借りられないと思っている人もいますがそんなことはなく、一定の条件を満たしていれば大学生でもお金を借りることができます。

基本的に、20歳以上でアルバイトをして安定した収入を得ているのであれば借りられると思ってください。

大学生になると今までとは違い何かとお金が必要になるので、カードローンを利用している人も珍しくありません。

ただ10代だったり、アルバイトをしていなくて奨学金や実家の仕送りだけで生活をしている場合は借りることが難しいです。

大学生の場合、付き合いで急にお金が必要になることが多いと思いますが、そういった場合は即日融資可能な金融機関を探しましょう。

即日融資とはその日に申し込んで当日中にお金を借りることで、対応しているところと対応していないところがあります。

即日でお金を借りるには審査がすぐに終わる金融機関を選択しないといけないので、銀行のカードローンは不向きです。

銀行の審査は時間がかかるため、お金をすぐに借りたいと思っても即日に借りることができません。

そのため、即日にお金を借りたいのであれば銀行ではなく消費者金融のカードローンに申し込みましょう。

消費者金融であれば銀行よりも圧倒的に審査が短いので早いところなら30分程度で終わります。

消費者金融に悪いイメージを持っている人がいるかもしれませんが、今は銀行傘下に入っている会社がほとんどですし、2010年6月にグレーゾーン金利も廃止されたので、安心して申し込むことができます。

さて、消費者金融で即日融資を成功させるためにはスピードが重要になります。

まず、夕方以降に申し込みをしても即日融資ができる可能性はほとんどゼロだと思ってください。

14時くらいまでであれば即日融資できる会社が多いですが、それ以降に申し込んでもできないところが大半です。

何時までというのは利用する消費者金融によって異なりますが、早いに越したことはないので午前中に申し込みを行うのが無難です。

確実に即日にお金を借りるためにも、インターネット環境が整っているのであればパソコンやスマホから申し込むことをオススメします。

店舗に行って申し込みを行うよりも、インターネットでの申し込みの方が格段に早いからです。

毎月安定した収入があれば、契約社員・派遣社員でもお金を借りられるに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加