▼今すぐお金を借りたい▼

毎月安定した収入があれば、派遣社員や契約社員でも借りることはできますよ。

現代の日本社会ではノマド的な仕事の価値観が幅広く認知され始めているため、正社員としてひとつの職場で働くよりも、派遣社員や契約社員として短期の仕事を繰り返しながら職場を点々とする生き方が、日本の若者のライフスタイルとなりつつあります。

そういった派遣社員や契約社員の若者達は、自由な生き方を謳歌していますが、自由な生き方にはそれ相応のリスクが存在します。

一般的に、契約社員や派遣社員に不足している要素として、社会的な信頼が不足していると言われています。

多くのカードローン会社では審査の際に「安定性」を重視します。

契約社員や派遣社員は正社員に比べるとどうしても安定性は低くなります。

人によっては、契約が切れた途端に無職になってしまう人もいるからです。

だから、カードローンの審査になかなか通らないという現状が存在します。

もちろん、審査は安定性だけを基準にするわけではありません。年収、職場における地位、勤続年数、社会的信用なども含まれます。

そう言った要素を、契約社員や派遣社員のような非正規社員は持っていないと考えられているため、正社員に比べてカードローンでお金を借りる際の審査に通りずらいのです。

かといって、全く借りることができないかというと、そんなことはありません。

今は毎月安定した収入があれば、アルバイトやパートでもカードローンでお金を借りることができる時代です。

銀行カードローンの審査は厳しいので、消費者金融系のカードローンに申込むようにしてみてください。

多くの消費者金融系のカードローンのホームページには、「アルバイト、パート、契約社員、派遣社員でも毎月安定した収入があれば申込可能」と書いてありますから。

派遣社員がカードローンでお金を借りる時に気をつけること

派遣社員だとカードローンを利用できないと思っている人も多いですがそんなことはありません。

派遣でも毎月きちんとした安定収入があれば、問題無くお金を借りることはできるので心配しなくても大丈夫です。

現在の日本は正社員が減少し、派遣社員や契約社員が増加の一途を辿っているため、金融機関側もお金を貸さない訳にはいきません。

月によって収入があったりなかったりという状態だとお金を借りるのは難しいかもしれませんが、最低限パートやアルバイト程度の収入を毎月得ているのであれば問題ないはずです。

安定収入があれば起業したばかりの個人事業主よりも派遣社員の方が信用性が高いと思ってください。

派遣社員が審査で気をつけないといけないのが、今の職場でどのくらいの期間働いているのかです。

6ヶ月とか1年以上勤続しているならそれほど問題ありませんが、まだ働き始めて1ヶ月とか3ヶ月だと信用性に欠けてしまうので審査に通らないかもしれません。

審査に落ちてしまうとその情報が記録されてしまうので、今後の申し込み時に不利になってしまいます。

そのような状況を作らないためにも、勤続年数が短い場合は無理にカードローンに申し込まずに少しだけ待ってください。

審査に落ちてしまうと意地になり、様々な金融機関に申し込みをしたくなりますが、申し込みを繰り返す事でますます状況を悪化させてしまうのでやめましょう。

そして、派遣社員がカードローンでお金を借りようと思った場合、銀行のカードローンよりも消費者金融の方がいいです。

銀行カードローンは消費者金融よりも審査に厳しいため、安定した収入があったとしても派遣社員だと通らない可能性があります。

消費者金融はそれほど審査に厳しくないので派遣社員はもちろん、アルバイトやパートの方でも安定収入さえあればお金を貸してくれます。

ただ、最初から100万円や200万円といった大金を借りようと思っても、正社員よりも信用が少ないので借入を断られる可能性が高いです。

審査に通りやすくするためにも、最初の希望額は多くても20万円や30万円程度にして、そのお金を毎月きちんと返済していきましょう。

そうすると信用を得ることができるので、上限額をもっと上げたいと相談をした際に、いい返事をもらえることが多いようです。

クレジットカードのキャッシング枠は利用しない方がいい理由に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加