▼今すぐお金を借りたい▼

クレジットカードの支払いを延滞すると信用情報に傷が付くことも。

どこからお金を借りるにしても当然返済しなければならず、クレジットカードでも同様です。

クレジットカードの支払いができなくて延滞してしまった場合には、信用情報などに傷がついてしまうので、今後の大きなマイナスになります。

クレジットカードの利用料は、口座の残高があれば、自動的に引き落とされることになります。

しかし、口座の残高が不足してしまっている場合には、引き落としができなく、その場合にはクレジットカード会社から、再引き落とし日を伝えられます。

伝えられることは、指定日に引き落とせなかったことと、再引き落とし日や金額などです。

そうなったら速やかに振り込みをすることが必要で、振り込みが完了するまでは、新たにカードの利用をすることができなくなります。

クレジットによっては払えなかった日数分の延滞金が必要になることもあります。延滞金はもともとの引き落とし日から、全て返すことができるまでの日数で、はじき出されます。

そうなると、払えないで延滞している期間が長くなれば長くなるほど、延滞金が高くなってしまいます。

再引き落としが必要なことを知らされているのに、ずっと払えないで放置してしまうと、最悪の場合は強制的に解約されてしまうこともあります。

そうなってしまうと、信用情報が金融機関同士で共有されているので、他のカード会社にも知られてしまって、すべてのクレジットカードを解約される可能性があります。

解約されてもまた新たに申込めばいいというわけではなく、その後はカード審査にも通れなくなる可能性が高くなります。

もし、クレジットカードが払えないで延滞してしまいそうなら、カードローンで足りない分だけお金を借りて支払うことによって、信用情報を汚れないようにする選択肢もありますよ。

延滞情報が個人信用情報センターに登録されると5年は残ります。

クレジットカードはいまや持っていて当たり前で、社会人はもちろん学生さんでも持っています。

現金が無い時でも買い物ができるため非常に重宝しますが、くれぐれも使い過ぎには注意してください。

現金とは違ってお金を使っている感覚が少ないこともあって、ついつい使い過ぎてしまう場合が多いからです。

返済能力の範囲内であれば問題ありませんが、それを超えてしまった場合は非常に危険です。

月々の返済が大きくなり、クレジットカード代が払えないといったケースも珍しくありません。

そこで延滞をしてしまう人も多いですが、クレジットカードの支払いを延滞してしまうとデメリットが非常に大きいので絶対にやめましょう。

1回くらいであればクレジットカード会社も大目に見てくれるかもしれませんが、何度も延滞してしまうと信用を失ってしまいます。

まず、何度か延滞をすることによってクレジットカードの利用ができなくなるので気をつけてください。

指定日に引き落としができないと、クレジットカード会社から引き落としができなかったという旨の手紙が届きます。

その手紙を無視すると催促の電話が入り、それさえも無視すると督促の手紙が届きます。

この時までに支払いを済ませることができれば傷も浅いのですが、払えないからといってさらに3カ月以上無視すると、個人信用情報センターに事故情報登録され、その記録が5年間も残ります。

個人信用情報センターに事故情報を登録されると、クレジットカードは新しく作れなくなり、ローンを組むことも出来なくなります。

さらに、金欠になった時でもカードローンの審査には通らないので、生活が一気に不便になります。

5年経過すれば情報が消え、それ以降はクレジットカードやカードローンに申し込むことができますし、ローンも組めるようになります。

ただ5年というのは非常に長い期間なのでその間にお金に困ることが何度もあると思います。

このようなデメリットがあるので、クレジットカードの代金が払えないからといって延滞するのは避けてください。

カードローンで借りてでもちゃんと期日通りにカードの支払いをして、給料日が来たらカードローンの支払いをした方がいいですよ。

クレジットカードとカードローンの違い、現金を借りたいなら低金利で審査が早い方がお得

カードを使って利用する「クレジットカード」と「カードローン」は非常に似ていますよね。

そのため「どのように違うのだろう?」と感じている方も多いと思います。

では、「クレジットカード」と「カードローン」の違いについてご紹介しましょう。

クレジットカードを買い物で利用する場合、何か物を購入することになりますよね。

会計の際にはクレジットカードを出して支払いを行いますが、この時に現金を支払うことはありません。

後日、明細書が届き、クレジットカード会社の締日により、それぞれ請求が行われることになります。

クレジットカードは「何か物を購入する時に利用」するサービスと言うことができますよね。

それに比べ、カードローンは物を購入するのではなく、「現金を借りる」というサービスです。

クレジットカードを利用する場合は10,000円の物を購入するために利用することになりますが、カードローンを利用する場合は10,000円の現金を借入することになり、後日その10,000円プラス金利を返済することになります。

クレジットカードでもキャッシング機能がついており、それぞれの提携ATMから現金を借入することもできますが、カードローンの場合にはカードを使って物を購入することはできません。

このように、同じ様にカードを利用する「クレジットカード」と「カードローン」ですが、目的が異なることになります。

クレジットカードにもキャッシング機能が付いていますが、カードローンの方が金利が低いケースが多いので、現金を借りるならカードローンがオススメです。

クレジットカード付帯のキャッシングサービスとカードローンの違い

即日カードローンの利用を検討している方は、「クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスとカードローンってどう違うのだろう?」と思っている方も多いと思います。

キャッシングもカードローンも「お金を借りる」というサービスですから、「同じものでは?」と思っている方も多いでしょう。

では、キャッシングとカードローンの違いについて、ご紹介しましょう。

現在ではキャッシングとカードローンはとても曖昧な差となっていますが、本来キャッシングというサービスは、一度借入を行うと、翌月に全ての額を一括で返済するサービスでした。

ということは、例えば50,000円のキャッシング利用を行った場合、次の支払い日には50,000円プラス金利の返済が行われていたことになります。

しかし、今ではキャッシングの返済にも分割払いができるようになり、カードローンと同じように無理のない返済を行うことが可能となっています。

このように、キャッシングとカードローンの違いは、今では曖昧な状態となっています。

大口借入の場合にはカードローン、小口借入の場合にはキャッシングと呼んでいるところもありますから、それぞれ呼び方は変わってくるかもしれませんね。

現在では、本来の意味は関係なくなっているのが現状となります。

ただし、1つだけ知っておいた方がいいことがあります。それは金利(実質年利)についてです。

普段使っているクレジットカードは大変馴染みがあるので、現金をすぐに手にしたい時もクレジットカードに付帯しているキャッシングサービスを利用しようと考えてしまうかもしれませんが、その時はカードローンとの金利(実質年利)を比較すべきです。

というのも、カードローンの方が金利(実質年利)が低いことが多いからです。

少しでも安い利息で済ませたいなら、クレジットカード付帯キャッシングよりもカードローンを選ぶべきです。

また、振り込みまでのスピードが一番早いのは消費者金融系のカードローンです。平日14時くらいまでにウェブから申しこめば、その日のうちにアナタの銀行口

座にお金を振り込んでもらえます。遅くても、翌日には振り込んでもらえます。

水道代や電気料金が足りないに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加