▼今すぐお金を借りたい▼

安定性をアピールできれば借りることができますよ。

個人事業主やフリーランスで仕事をやっている人がお金を借りるのは一般的に難しいと言われています。

実は、会社員やパートやアルバイトなどの方がカードローンでお金を借りやすく、個人事業主やフリーランスになってくると審査が厳しくなるのは理由があります。

その理由とは、不安定な収入です。

カードローンでお金を借りる際、審査で必ずチェックされる項目の一つとして「安定した収入があるかどうか?」という点があります。

収入が不安定な個人事業主やフリーランスはここで引っかかってしまうのです。

仮に、サラリーマンより稼ぎが多いと言ったとしても、信頼性が低く見られるためお金を借りるのは難しくなります。

極端な話、収入がある月もあればない月もあると見られてしまうのです。

このように、個人事業主やフリーランスがカードローンなどでお金を借りようとする場合、一般的な職業よりはるかに審査が厳しくなり、銀行系カードローンではほとんどアウトになってしまう傾向にあるようですが、消費者金融系カードローンなら融資してくれる会社も存在します。

さらに、知っておくべきこととして「総量規制」があります。総量規制とは「融資してもらえる額は年収の3分の1まで」というルールです。

ですから、アナタの年収が450万円だったとしたら、150万円以下の融資を申し込むようにしてください。

最後に、個人事業主やフリーランスの人がカードローンでお金を借りる際は、前年度の確定申告書等の書類が必要になってくるので、事前に用意しておくといいでしょう。

個人でビジネスをやっている人は、一般の会社員に比べるとお金を借りることが非常に難しくなり、乗り越える壁も多くなりますが、1社ずつ真摯な態度で望めば貸してくれる会社に出会えますので、諦めないことが大切です。

コツは「毎月仕事をくれる提携先がある」などいった安定性をアピールすることです。

個人事業主がお金を借りる場合、収入を証明する書類が必要。

個人事業主は事業資金の調達や生活費の補填のためにカードローンを利用することが多いです。

自己資金だけで経営している個人事業主は少なく、大抵の人は大なり小なり金融機関からお金を借りています。

しかし、個人事業主は基本的に社会的信用が低いためカードローンを申し込む場合に不利です。

事業を開始して1年や2年程度ならアルバイトやパートといった雇用形態の方よりも信用が低いと言われています。

最低でも3年以上続けており、安定した収入を得ているというのがお金を借りる時に最低限の条件だと思っていた方がいいです。

また、個人事業主だとお金を借りる時に必要な書類も普通より多くなるので注意してください。

現在どこの金融機関も少額融資であれば運転免許証や健康保険証といった身分証明書だけで借りることができますが、個人事業主の場合はこれだけでは借りられないケースが多いです。

基本的に、収入を証明する書類が必要となるので、直近1年分の確定申告書や収支内訳書、青色申告決算書といったものを用意しておきましょう。

そして、個人事業主の場合、税金対策のために利益を小さく申告していることが多いですが、これはお金を借りる時にマイナスです。

あまりにも利益が低いと、返済能力が無いと判断されてしまうので、赤字やそれに近い申告は避けるべきです。

仮に、赤字の申告をしてしまった場合、お金を貸してくれるところはほとんどないと思ってください。

個人事業主が銀行からお金を借りようとすると断られる場合もありますが、その時は消費者金融を利用してください。

銀行は社会的信用を重視するため審査が厳しいですが、消費者金融は安定した収入というのを重視しています。

そのため、銀行のカードローンに申し込んで審査に落ちたとしても、安定収入があれば消費者金融だと借りられます。

金利が高いから消費者金融は利用したくないかもしれませんが、現在は銀行に近い金利で融資しているところもたくさんありますし、30日間無利息の会社もあるので安心してください。

働いている主婦と専業主婦ではお金の借り方が違うに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加