▼今すぐお金を借りたい▼

働いていない専業主婦でも銀行カードローンなら申込可能です。

2010年6月に貸金業法が改正され、年間所得の3分の1までしかお金が借りられない「総量規制」という法律が制定されました。

「総量規制」が制定された背景には、多額の借金によって返済ができない人が増えてきたことがありますが、景気が未だ上向きになっていない今でもお金を借りる人は多くいます。

この「総量規制」によって、所得のない専業主婦はカードローンでお金を借りることができなくなりました。

しかし、生活費をやりくりしていても、急な出費でお金が必要になった時にお金が借りれないと困る人もいます。

それでは専業主婦はパートに出ないとお金が借りられないのかというと、そうではありません。

主婦でもお金を借りる手段として、銀行系のカードローンがあります。

なぜなら、銀行系のカードローンは「総量規制」の対象から外れているからです。

銀行カードローンは「貸金業法」に基づくものではなく、「銀行法」に基づいたものです。

そのため、改正された貸金業法に適用されることがないので、収入のある主婦はもちろんのこと、収入の無い専業主婦でも銀行カードローンならお金を借りることができるのです。

働いていない専業主婦が「貸金業法」に基づく消費者金融系のカードローンでお金を借りようとすると、夫の承諾書や証明書などの書類を求められます。

しかし、銀行系カードローンの場合は、夫の承諾書や証明書などを提出する必要がありません。

なので、働いていない専業主婦がカードローンを利用するなら、銀行カードローンということになります。

パートなどで働いている主婦なら消費者金融系カードローンでも銀行カードローンでもどちらも申込可能です。

主婦や専業主婦がカードローンでお金を借りるために知るべきこと

2010年に施行された総量規制という法律の影響で、主婦は以前よりもお金を借りづらくなりました。

総量規制とは年収の三分の一までしかお金を借入できないというルールのことで、それ以上の借入を希望しても金融機関は貸してくれません。

専業主婦の場合は仕事をしていないため、旦那さんの収入がいくらあっても無職扱いになってしまいます。

つまり、専業主婦は旦那さんの協力がないと金融機関からお金を借りることができなくなったのです。

以前のように旦那さんに内緒でお金を借りることができなくなったので不便に感じている人が多いようです。

しかし、だからといって専業主婦が絶対にお金を借りることができないという訳ではありません。

総量規制は貸金業法に基づいて営業している金融機関のみに適用されるため、銀行のカードローンは対象外です。

対象となるのは消費者金融や信販系なので、銀行のカードローンは今まで通り旦那さんに内緒で申し込むことができます。

もうお金を借りることができなくなったと諦めている専業主婦の方も多いですが、そんなことはないので安心してください。

また、パートをしていて毎月安定した収入がある主婦であれば、銀行のカードローンはもちろん消費者金融にも申し込むことが可能です。

消費者金融は安定収入があればどなたにでもお金を貸してくれるので、主婦でもパートをしているなら全く問題ありません。

月々のパート収入が5万円だった場合、60万円というのが年収になるのでその三分の一の20万円まで借入可能な計算になります。

上限が20万円だと足りないと感じるかもしれませんが、これがルールなので消費者金融や信販系のカードローンを利用する場合は諦めるかしかありません。

もし、上限に不満を感じるのであれば総量規制の影響を受けない銀行のカードローンを申し込みましょう。

そうすることによって上限を50万円や100万円に増やすことができるので消費者金融で借りるよりも余裕ができるはずです。

このように主婦がカードローンを利用する場合、専業主婦なのかどうかでお金の借り方が異なると思ってください。

大学生でもお金は借りられるの?に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加