▼今すぐお金を借りたい▼

引越で敷金・礼金が2ヶ月だと初期費用の負担が大きいですよね。

賃貸マンションやアパートに入居する際には、多くの場合は敷金・礼金の支払いが必要です。

エリアによっては「礼金なし」物件もありますが、まだまだ少数派というのが現実。

敷金や礼金の相場はそれぞれ家賃の1〜2ヶ月分ですから、そのマンションやアパートの家賃が月7万円だとすると、敷金・礼金として14〜28万円もの大金を最初に用意しなければならないということです。

ファミリー向けの部屋数の多いマンションやアパートの場合は家賃も高めですから、敷金・礼金だけで50万円を超えてしまうことも少なくありません。

ちょっとした中古車が購入できてしまうほどの大金です。そのため、せっかく住みたいと思った部屋が見つかっても、敷金・礼金が払えない、足りないという人も多くいます。

月々の家賃は問題なく支払うことができても、敷金・礼金は額が大きすぎて一度には払えないため、ローンを組むことを希望する人もいます。

最近ではカードローンでお金を借りて、マンションやアパートの敷金・礼金を支払っている人もいるくらいです。

また、自動車ローンのように金融機関などにお金を借りて支払いをし、その金融機関に毎月小額ずつお金を返済していく方法もあるようです。

しかし、基本的に賃貸物件に関する費用は現金払いをすることが通念(一般に共通した考え)となっており、ローンで支払うことを渋る不動産会社も多いです。

とはいえ敷金・礼金の額が大きすぎることもまた事実であり、そのため大手の不動産会社の中にはクレジット払いを認めているところもあります。

クレジットカードでの支払いをおこない、その後は各自のクレジットカードの契約内容に沿って分割で返済をおこなっていくのです。

引っ越しをしなければならないのに敷金・礼金が払えない、足りないという人にとって、クレジット払いができる不動産会社は非常に便利であると言えます。

クレジットカードが使えない場合は、カードローンで足りない分を借りるのが一番手っ取り早い方法です。

自分が気に入った部屋に出会うのは希少なことですし、せっかくお気に入りの部屋と出会ってとしても、初期費用が用意できないから住めないのは悔しいですからね。

家賃や更新料を滞納すると住みづらくなるので、しっかり期日までに支払いを済ませましょう。

家賃・更新料が払えなくなる状況は誰にでもありえますが、実際に家賃・更新料を払えないとどうなるのか解説します。

まず、マンションやアパートの家賃が払えない場合です。

UR賃貸などの場合なら、最初の引き落とし時に口座にお金がなくても、2週間後くらいに再度引き落としの作業がされます。ただし、通知のお知らせは届きます。

再引き落としがないマンションやアパートの場合なら、家賃振込み日を過ぎたり、銀行引き落しができなかったりすると、数日以内に電話がかかってきます。

最初の電話後に入金がないと、再度電話がかかってきたり、手紙が送られてきます。

それでも入金が確認できない場合は大家さん本人やマンションの管理会社の人が直接部屋まで訪れてきます。

実際に会えば本当に払う気があるのか、お金を持っているのか確認できるからです。

以上のような手順を踏んでも支払いがない場合、連帯保証人に連絡が行き、保証人に払ってもらうか、借主に話をしてもらうようにします。

以上のようなやり取りで2〜3ヶ月支払いがない場合、貸主から一方的に契約解除され、強制退去といった流れになります。

マンションやアパートの更新料について、更新料がない物件もあります。

次に、マンションやアパートの更新料を支払えない場合です。

まず、更新料というのは、借りている部屋に住み続ける場合に支払う料金のことです。

普通、賃貸は2年契約になっているので、2年ごとに「更新料」がかかります。

実は更新料というのは法律で決まっているお金ではないのです。

契約書に更新料の旨が書かれていなければ、一般的には支払い義務は無いです。

また、賃貸住宅の中には都市公団(UR賃貸)の物件や、住宅金融公庫融資物件などは更新料がかからないので、支払いたくない人はこういった物件を探すのも手です。(古い物件が多いですが)

家賃と更新料では、更新料は家賃ほど重要な位置づけではありませんが、気兼ねなく住み続けるためにはきちんと支払日に支払うようにしましょう。

もし、家賃や更新料がどうしても期日までに払えない場合には、カードローンでお金を借りるという選択肢もあります。

月々の収入が少なくても、毎月安定した収入がある人なら申込可能ですし、月々の返済も数千円からでOKなので、お金に困った時には上手に利用していきたいですね。

一人暮らし家賃が払えないのでカードローンで10万円借りる

一人暮らしの家賃がどうしても払えない状況に陥ってしまい、カードローンなどで10万円ほど借りたいと思っているなら、1つだけ覚えておいた方がいいことがあります。

それは、家賃を滞納する前に10万円を借りて、期日通りに家賃を支払えということです。

というのも、すでに滞納しているケースでは、審査に通らない可能性があるからです。

家賃が払えない理由にもよりますが、カードローンで10万円借りるという事が既に自分の中で決まっているのであれば、まずは審査を通る事が大事なので、滞納する前にウェブから申し込んだ方が無難です。

住まいについての支払いで滞納が行われていると、お金を借りる時に審査にひっかかってしまって借り入れする事ができないことがあるからです。

お金を借りる時の審査には、個人がどのような状況で働き、どのような生活を送っているのかという事を重視する事が多いです。

基本的に、借りる金額が低いほど貸し倒れのリスクが減るため審査に通る可能性が上がるので、10万円ほどの低めの借入額に設定して申し込みを行うのがベターです。

つまり、必要とする額だけ借りるということですね。今後の生活費のことを考えると、多めに借りたい気持ちになってしまうかもしれませんが、最初は必要な額だけを借りて、毎月、数千円ずつ返済して信用を作った方がいいと思います。

どの金融機関でも審査に関しては似ている所が多いので、借り入れのし過ぎには注意が必要です。自己管理のできる範囲で借り入れを行うことを忘れないで下さい。

また、今回だけでなく、今後もずーと一人暮らしの家賃が払えないことが予想されるなら、もっと家賃が安い所に引っ越すなり、バイトを増やして収入を増やすなりの工夫と努力も必要になります。

現段階でどれぐらいの収入を得ていて、どれ程の貯金があり、一人暮らし家賃と生活費でどれほどの支出があるのかをしっかり把握することから、少しずつ立て直していくといいでしょう。

引っ越しすると、最初に敷金や礼金、引越代が必要になりますが、1年以上で考えるなら家賃という固定費を下げた方が生活がラクになります。固定費はボディブローのように効いてきますから。

スマホの月額料金が払えないに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加