▼今すぐお金を借りたい▼

NHKの「受信料」「支払い方法」「支払い回数」について

NHK受信料の支払い方法には以下の3つがあります。

  • 銀行の口座振替
  • クレジットカード払い
  • 振込用紙での支払い

この3つの支払い方法の中で少しだけお得なのが「銀行の口座振替」と「クレジットカード払い」です。月額にして50円ほど安くなります。

NHKの受信料は「衛生契約(地上契約含む)」だと月額2,230円(銀行の口座振替 / クレジットカード払い)です。(「振込用紙での支払い」だと月額2,280円と50円高くなります。)

そのため、年間料金は「2,230円 × 12ヶ月 = 26,760円」となります。

「地上契約」だと月額1,260円、年間15,120円になりますが、最近のテレビは衛星放送を見られるの一般的なので、衛星契約になる人がほとんどだと思います。

支払い回数は「2ヶ月払い」「6か月前払い」「12か月前払い」の3つの中から選べます。

ただし、6か月前払いすると5%(年間1,300円)お得に、12か月前払いすると7.61%(年間3,980円)お得になります。

一番お得な支払い方法は「12か月前払い」でクレジットカード払いすることです。これだと年間3,980円を減らせますし、クレジットカードのポイントやマイルも貯まるからです。

参照:NHK放送受信契約・放送受信料についてのご案内

NHKを見てなくても、テレビを持っていなくてもスマホを持っていれば支払う義務があります。

よく、「私はNHKを全く見ないので、NHK料金を支払う義務はない」と言う人がいますが、NHKの受信料はテレビを設置しているかどうかによります。

参照:NHKを見ていないので、支払いたくない

そのため、家にテレビがあれば受信料は支払う必要があります。お金がもったいないので、なるべくNHKは見た方がいいということです。語学番組や経済番組は見る価値のある番組内容となっていますから。

また、2019年3月14日のニュースによると、家にテレビがなくてもワンセグ機能付き携帯電話だけを持っているならNHK受信料を払う必要があるという高裁判決が確定しました。

参照:日本経済新聞:ワンセグ NHK勝訴確定 受信契約義務 最高裁、上告退ける(2019/3/14)

自宅にテレビがなく、ワンセグ機能付き携帯電話だけを持っている場合、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかが争われた4件の訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は13日までに、原告側の上告を退ける決定をした。契約義務があるとしたNHK勝訴の東京高裁判決が確定した。 ワンセグ携帯の所持が、放送法が規定する放送受信設備の「設置」に当たるかが争点だった。高裁判決は「受信設備の設置には携行することも含まれる」と判断。ワンセグ携帯だけを持つケースでも受信契約を結ぶ義務があるとして、原告側の請求を退けた。

よって、今後は「自宅にテレビがない」という言い訳も通用しなくなりました。

給料日前でNHKの受信料が払えない時ってありますよね。

NHKの受信料や料金はそこまで高額な料金ではない為、1万円もあれば払えないような状況になる事はまずないのですが、支払い方法によっては、NHK受信料・料金が積もり積もって払えないような状況になる場合もあるのが現状です。

NHK受信料・料金が払えないような状況になり、1万円借りたいというような場合、どのような手段が考えられるかというと、それは安全な金融機関でお金の借り入れを行う事です。

1万円借りたいというだけであっても審査に通る事が必要となる為、各種金融機関の審査を通らなければいけません。

1万円借りたいという事なのであれば、借り入れしたい金額等の敷居を低くし、借り入れ審査等に通りやすい状況を作って申し込みを行うのがベターなので、できるだけ審査の通りやすい金融機関を選び、尚且つ1万円という少額の金額であったとしても貸し付けを行ってくれるようなところを選ぶのが良いです。

高い融資を希望していないのですから、NHK受信料・料金を払う事が目的なのであれば、それに対して必要な分のお金を借り入れる事ができるようなところと契約を行えば良いです。

審査基準等に関しては、金融機関側が率先して最近はどのような人向けの借り入れ商品としての提供を行っているのかという事を明確にしている為、個人の境遇にあわせて選ぶのが無難で、収入にあわせて審査の通る可能性が高いと感じられる所へ申し込みを行うと、すぐに借り入れをする事が可能です。

結婚したいのに結婚式の資金がないに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加