▼今すぐお金を借りたい▼

数ヶ月継続してアルバイトやパートをやっている人なら大丈夫です。

カードローンでお金を借りることは、一般的にはハードルが高いものと思われています。

そのため、正社員ではないアルバイトやパートの人がカードローンでお金を借りることは不可能だと考える人も多いですが、実際はそんなことなくなっています。

というのも、今の時代は正社員で働いている人の数自体が減ってきているので、カードローン会社も正社員にこだわると借り手が制限されてしまうからです。

そのため、今は正社員として働いている人でなくても、毎月安定した収入を得ることができている人なら、カードローンでお金を借りることはできます。

ただし、あくまで安定した収入を得ていることが条件なので、短期のアルバイトやパートなどでは、長く収入が安定して得ることができていないということになるので、審査に通る可能性は低くなります。

掛け持ちでアルバイトやパートをしている場合は、全ての収入証明書を用意することによって、少しでも高い年収を示すことができるので、審査に有利になります。

しかし、アルバイトやパートでしか収入を得ていない人は、正社員として働いている人と比べると年収が低くなるので、年収に応じて借りることができる金額も少なくなってきます。

消費者金融系のカードローンの場合には、総量規制というルールがあるので、それが大きなネックになってきます。

総量規制とは「年収の3分の1以上のお金を借りることができない」という新たな法律で、2010年6月に施行されました。

そのため、年収が少なければ、そのぶん借りることができる最高金額も少なくなります。

ですから、借りる金額は年収の3分の1以下を目安にしてください。年収200万円の人なら66万円までということです。

ちなみに、銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、消費者金融系のカードローンに比べて審査が厳しいので、まずは消費者金融系のカードローンで年収の3分の1以下を目安に申込するのがいいでしょう。

フリーターでも3つの条件を満たせばお金を明日までに借りることが可能です。

フリーターというとひと昔前まではまともに働いていない人というイメージすらあったほど、安定とはかけ離れた存在でしたが、現在は働き方やライフスタイルの多様化により、フリーターという生き方が以前よりも肯定的に見られるようになってきました。

正社員になってコツコツ働くばかりが人生ではありません。

自分の夢を優先して、そのために時間の融通が効くフリーターというスタイルを選ぶ若者も増えてきています。

そして、そんな自由なスタイルを認めるような社会的風潮もあります。

しかし、お金が必要になった時にカードローンでお金を借りようと思ったら、フリーターはどうしても審査に通りづらくなるという現実はあります。

なぜなら、正社員なら毎月固定給がもらえますが、フリーターは正社員に比べたら収入も少ない上、もらえる収入にばらつきが出てくるからです。

会社に勤める正社員なら、仕事がないからといって「明日から1週間休んでいいよ」とは会社は言えませんが、アルバイトに対してはそういうことを言えます。

つまり、アルバイトの場合は予定通りシフトに入れないこともあるので、毎月の収入が不安定になってしまうのです。

といっても、働き方が多様化し、正社員ではない道を選ぶ人が増えていることから、カードローン会社も毎月安定した収入があるならアルバイトやパートなどをやっているフリーターでも融資するという方針を示しています。

ただし、以下の3つの条件を満たしている必要があります。

1つ目は、それなりの期間、同じ店で働いているということです。それなりの期間とは半年以上くらいと思ってOKです。

バイトして3ヶ月くらいだと審査に通らない可能性があります。

アルバイトでも1つの職場でずーと働いているということは評価される項目なのです。

2つ目は、金利の低い銀行カードローンではなく、消費者金融系のカードローンに申込むということです。

銀行カードローンはフリーターだと審査に通らないと思われます。

しかし、消費者金融系のカードローンなら「アルバイト、パート、派遣社員、契約社員でも申込可能です」とホームページ上で言っているので安心です。

3つ目は、年収の3分の1以上の金額は借りられないということです。

これは2010年6月に導入された「総量規制」という法律のためです。

年収300万円の人が100万円以上の融資を求めても、審査に落とされるということです。

以上がフリーターが明日までにカードローンでお金を借りるために重要な3つのことです。

収入が少ないアルバイト・パートでもカードローンでお金を借りられます。

正社員ではないとカードローンでお金を借りられないと思っている人も多いですがそんなことはありません。

アルバイトやパートの方でもカードローンを利用することは可能なので安心してください。

ただし、誰でもお金を借りることができる訳では無く、いくつか条件を満たす必要があります。

例えば、アルバイトやパートの方がお金を借りる場合、毎月安定した定期収入があるというのが最低限の条件となります。

収入は多ければ多いに越したことはありませんが、月々3万円や5万円程度の稼ぎでも十分借入は可能だと思ってください。

月々5万円の収入の場合だと年収60万円になるので、総量規制によって年収の3分の1の20万円が借入限度額になります。

これ以上の金額を借りたい場合は消費者金融のカードローンではなく、総量規制の影響を受けないと銀行のカードローンを利用するといいでしょう。

また、仮に年収100万円程度あったとしても、アルバイトやパートの場合だと30万円を上限にされることが多いです。

そのため、30万円以上の借入を最初に申し込んでしまうと審査に落ちる可能性があるので注意しましょう。

どうしても30万円以上の借入をしたい場合は、最初に20万円や30万円といった借入をして、そこからしっかりと信頼関係を築いてください。

信頼関係を築くことによって借入上限を50万円や100万円にアップしてもらえるかもしれません。

アルバイトやパートだと正社員よりも審査は厳しくなるので、今までに返済トラブルを起こしたことがなくても通らないケースもあります。

これは仕方が無いことで、どうしても非正規雇用の方は正社員よりも信用性に欠けてしまいます。

金融機関からの信用を高めるためにも、1つの職場で長く働くというのが大切になってきます。

稀に少しでも借りやすくしようと思って収入を誤魔化す人もいますが、これは絶対にやめてください。

もしバレてしまうと、今後お金を借りることができなくなりますし、借入上限が自分の返済能力を超えてしまうので多重債務化を起こす危険すらあります。

フリーターでも毎月安定収入があればお金を借りることができます。

本当は正社員としてバリバリ働きたいけど、なかなか就職できずにフリーターとして生活している人も多いです。

今の日本は就職難と言われているのでフリーターがますます増加傾向にあると言われています。

フリーターの場合、いくら収入があっても正社員と違って社会的信用が低いため何かと困ることも多いです。

そこでみなさんが気になるのがフリーターだとお金を借りられるのかどうかだと思います。

結論からいうと、フリーターでも継続した収入を得ているのであれば問題無くお金を借りることが可能です。

継続収入というと正社員並みの給料をイメージしてしまうかもしれませんが、8万円や15万円といったアルバイト程度で十分です。

そのくらいの収入を毎月安定して得ているフリーターなら問題無く審査に通るはずです。

フリーターの場合、銀行のカードローンとなると審査が厳しくなってしまうので申し込むのであれば消費者金融の方がいいでしょう。

銀行は消費者金融よりも雇用形態を重視するので非正規雇用のフリーターには厳しいです。

一方、消費者金融の場合は雇用形態も多少なりとも気にしますが安定収入があればどなたでも借りることができます。

ただ、過去にお金を借りて返済トラブルを起こした経験があったり、現在複数の金融機関から多額の借入をしている場合はいくら消費者金融でも審査で落ちます。

また、銀行を除く金融機関の場合、総量規制の対象となるので年収の3分の1までしか借入することができません。

年収150万円のフリーターであれば、その3分の1の50万円が借入できる上限額となるのでそれを上回る金額を希望しても断られます。

返済トラブルの経験がないのにも関わらず、借入を断られた場合は、既に年収の3分の1を超える金額を借りている可能性があります。

そして、金融機関によってはフリーター専用のカードローンを提供している場合があります。

このタイプは比較的審査が緩く収入が少なめの人でも借りられることが多いので、審査に不安を感じている人はフリーター専用カードローンを探してみてはいかがでしょうか?

自営業者・フリーランス・個人事業主がお金を借りるコツに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加