▼今すぐお金を借りたい▼

審査に落ちた理由は安定した収入がない、返済が遅れている、総量規制で審査に通らないなどです。

急に現金が必要になってしまった、こんな時カードローンは非常に便利です。

ですが、いざ利用しようとしたら審査に落ちてしまったという方もいるのではないでしょうか。

カードローンの利用には審査を受ける必要があり、審査に通らなければお金を借りることはできません。

審査に通らない理由としてはいくつかのことが考えられます。

まず、安定した収入がない場合です。

収入が安定していなければ毎月の返済をすることが難しくなってしまいますから当然のこととも言えます。

ですが、審査に落ちる理由はこれだけではありません。

例えば、他社からの借入があり、過去に返済が遅れてしまったことがある、もしくは現在返済が遅れている場合です。

カード会社からすれば返済をきちんとできない人と写ってしまい、やはり審査に落ちる理由となってしまいます。

これは他のカード会社からの借り入れについてだけではありません。

携帯電話の支払いや、公共料金の支払いが遅れてしまった場合なども同様に審査に落ちることになってしまいます。

こうした情報は信用情報機関に登録されていますので、カード会社も簡単に確認することができます。

また、現在では総量規制というルールが設けられており、これが審査に通らない理由となることも増えてきました。

総量規制とは年収の3分の1を超えてお金を借りることはできないというルールで、返済をしっかりしていたとしても年収の3分の1を他社からすでに借り入れているという場合には新規のカードローンの利用はできません。

安定した収入があるにも関わらず審査に落ちてしまうという場合は、主にこのようなことが理由として考えられます。

ただし、審査の基準は各カード会社によっても細かく違ってきますので、全てのカード会社がこうした理由で審査に通らないとは限りません。

どちらにせよ、カード会社を利用するにあたっては審査の際にどのような基準が重要になるのかを知っておくことは大切です。

カードローンの審査に通らない理由や審査に落ちる理由を知った上で、カードローンに申し込むことも大切です。

カードローンの利用目的で審査に通りやすい目的、通りにくい目的

現在、カードローンの形としてはフリーキャッシングが一般的です。

これは文字通り、借りたお金をどんな目的にも自由に使うことができるもので、特定の目的に縛られることがないため非常に便利です。

とはいえ、カードローンを利用するためには審査があり、この審査の際には借りたお金の利用目的を答えることになります。

これはフリーキャッシングであっても同様で、自由に使えるとなっているものの、その目的ははっきりとカード会社側に伝えなければいけない訳です。

カード会社は利用目的を参考にして審査を行うことになります。

つまり、利用目的によって審査に通りやすい目的と、通りにくい目的があるのです。

カード会社が利用目的を聞くことによって申込者がどのような人なのかを判断しているとも言えるでしょう。

例えば、利用目的がギャンブルに使うためだったとしましょう。

ギャンブルをした結果、勝つことができればお金が増えるわけですから返済も簡単にできるかもしれません。

ですが、ギャンブルには必ず勝つ方法はなく、負ける可能性もあります。

もし負けてしまったらこの人は返済ができなくなってしまうのではないか、カード会社としては当然このように考えなければなりません。

であれば審査においてもこうした目的は通りにくいと言えるでしょう。

逆に、急な冠婚葬祭などである程度の現金が必要になってしまい、そのためにお金が必要だという場合は審査にも通りやすいと考えられます。急な医療費、急に連休が取れたので旅行に行くための費用なども同様です。

事前に予期することができない急な出費であり、他の方法で現金を用意することが難しい状況ですからカードローンを利用することも自然ですし、その後の給料日などでしっかりと返済できるだろうと考えることができるからです。

このように、利用目的によっても審査の結果は変わる可能性があります。

どうしてもお金が必要だからと利用目的を偽るのは絶対に避けるべきですが、利用目的によって審査の結果が左右されることは知っておくと良いのではないでしょうか。

カードローンでお金を借りるのに必要な年収と勤続年数

カードローンを利用する場合、申込手続きの際に審査があり、この審査の中では年収、そして勤続年数を記入することになります。

つまり、カード会社はこの2つの情報を審査の参考にしているわけですが、どのくらいの年収、勤続年数ならば審査に通るのでしょうか。

審査の基準は各カード会社によっても違い、具体的な基準についても非公開のため正確な部分は分からないのが現状です。

ただ、多くの人が年収が多い方が審査に通りやすいと考えると思いますがそうではありません。

例えば、申込者が年収1,000万円を超えるいわゆる高所得者だったとしても必ず審査に通るわけではないのです。

たとえ所得が多くても、すでに多額の借金をしており、その返済にも困るような状況であればお金を貸すことには大きなリスクが生じることになりますし、実は年収の額はそれほど重要ではありません。

では、最低限どのくらいの年収があればよいのかというと、これも決まった額があるわけではないのですが100万円という年収でも審査に通る可能性はあります。

つまり、月収8万3000円ほどのアルバイトでも審査に通る可能性はあるということです。

年収は審査の結果を左右する重要なものではなく、あくまでも参考として活用する情報だと捉えるのが正しいでしょう。

次に勤続年数ですが、こちらは申込者が安定した収入を得られているかどうかを判断するために必要な情報となります。

勤続年数が長いほど信頼性が高いと言えますし、それだけ安定して収入を得ているという証明にもなります。

もちろん、勤続年数が短いと駄目というわけではなく、年収と同様に参考として活用する情報なのです。

どんなに勤続年数が長くても会社がいきなり倒産することがあれば収入は得られなくなってしまうので、勤続年数だけでお金を貸せるかどうかを判断することはありません。

これらの情報に加え、他社からの借入件数や借入総額など、さまざまな情報を総合的に判断することで最終的に審査に通るかどうかが決まります。

ですので、審査に通りやすくするためにと年収や勤続年数について嘘をつくのは絶対にやめましょう。

嘘をつくようなことがあれば、審査に通る状況であっても通らなくなってしまいます。

カードローン会社は信用情報を参照するので、嘘はバレます。

カードローンでお金を借りる時の審査基準

毎日の生活の中では急に現金が必要になってしまうこともあります。

そんな時、手続きも難しくないカードローンを利用すると低金利でお金も借りることが可能になります。

ただ、誰でも無条件にお金を借りられるわけではなく、利用にあたっては審査があります。

審査に通らなければお金を借りることもできないわけですから、事前に審査基準について知っておくことは大切です。

カードローンを利用するためにはまず氏名や住所といった個人情報をはじめとしたさまざまな情報をカード会社に提出することになるのですが、カード会社ではこの情報を基にしてお金を貸しても大丈夫かどうか、つまりきちんと返してくれるかどうかを判断することになります。

まず、審査で重要となる基準の一つに安定収入があります。

安定した収入がなければ毎月の返済も難しいと考えることができますから、この点をクリアしていなければその時点で審査に通ることはなくなります。

この他にも、さまざまな点を審査の基準としています。

年収はどのくらいなのか、勤務先はどこか、勤続年数はどのくらいか、現在の借入額は総額でいくらなのか、他車からの借入件数は何軒なのか、といったことが基準になっています。

例えば、借入総額が高額の場合はさらなるお金の借入によって返済が難しくなると予想できます。

具体的にどのくらいの額を借りていると審査に通らなくなってしまうのかは年収とのバランスもありますし、各カード会社によっても違ってくるため一概には言えないのですが、審査の際の重要なポイントになっていることは間違いありません。

また、審査では在籍確認という作業が行われます。

これは申込書に記入している会社が本当にあるかどうかを確認するためのもので、カード会社が個人名(たとえば、「山田ですが・・・」という感じ)で会社に電話をして確認します。

もしこの時在籍していることが確認できなければ、やはり審査には通りませんのでこれも重要な審査の1つと言えるでしょう。

こうした審査基準を全てパスすることができればお金を借りることが可能になります。

安定しているという印象を与えられる程、審査に通りやすくなります。

カードローンの利用を考えている方は、「審査に受かるだろうか?」と心配になっている方もいると思います。

「最近、転職したばかりだけど、大丈夫だろうか?」という方もいれば、「派遣で働いているから、審査に受かるか心配」と思っている方もいるでしょう。

では、カードローン申込時の審査基準について紹介します。

カードローンを申し込んだ際、どういった基準ことで審査が行われているかというと、はやり職業や年収などが大きく影響してきます。

どんなに収入が多い方でも、個人経営などの場合には収入が不安定と見られ、利用額が低くなる可能性もあります。

逆に、それほど収入が高くなくても、安定している公務員などの場合には、利用額の設定が高くなる傾向にあります。

そして、現在住んでいるお住まいの形態と、住居年数などもチェックされます。

長い間、同じ場所に住んでいる方や持ち家の方の場合には、査定の際のプラス内容となるようです。

また、過去に他の金融業者から借入を行っていないかなども、確認されることになります。

「まだ借金が残っているけれど、黙っておこう」と思っていても、あなたの借入の情報などは信用情報で確認することができますから、すぐに嘘がバレてしまいます。

既に、借入を行っている方は、正直な内容を記載しましょう。

カードローン申込みの際には、まずはこれらの情報を確認し、審査を行っていくことになります。

ローン会社によって審査の基準が変わってきますから、一度審査に落ちても、他の会社であれば審査に受かることもあります。

ただし、同時に複数のカードローンに申込むではなく、1社ずつ申込むようにしてください。同時申込は怪しく思われてしまいますので。

急いで借りたい、土日休日でも借りたいに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加