▼今すぐお金を借りたい▼

審査基準には年収、住環境、勤務年数、家族構成などがあります。

カードローンでお金を借りる時の審査基準は、基本的に金融機関によって異なります。

カードローンを利用する時には必ず審査が必要となるのですが、審査は基本的に各金融機関が定めた水準によって行われ、結果として貸し付けをする事ができるかできないかの判断が行われます。

お金を借りる時の審査基準としては、基本的には申し込みを行った個人の収入や住んでいる環境、職場での勤務年数、生活環境や家族構成等が挙げられ、これらをトータルに数字化して判定を行う事が多いようです。

カードローンを提供している金融機関の中にも消費者金融系と銀行系がありますが、近年では両者共に個人でお金を借りたいと思っている人に対してのサービスを充実させている傾向にあり、特に銀行系は数年前と比べると審査基準も緩くしている傾向があるようです。(以前が厳しすぎたという声もありますが。)

審査基準についてはアルバイトの方でも大丈夫としている金融機関もあれば、正社員等でなければ借りる事のできない金融機関まで様々で、これに関してはカードローンサービスを行っている金融機関のホームページを閲覧すれば記載されている場合もあります。

お金を借りる時に審査があるのは、返済能力があるかどうかという事を見極めるためです。

なので、申し込みを行う時には、嘘偽りなどなく的確で正確な情報を申込用紙に記入し、申込みをするようにしましょう。

また、審査を行う前に仮審査というものを行っている金融機関もあり、そういったところでは仮審査を行う事で、本審査を行う前に借り入れができるかどうかを知る事ができます。

本人確認の可否、働いているかどうか、他社の融資の支払い具合がポイントになります。

この審査を通過すれば融資が受けられることになるのですが、中には審査に落ちる人もいます。

ここでは、カードローンの審査に落ちる理由について説明します。

単純に審査が通らない理由として挙げられるのは以下の3つです。

  1. 本人確認ができない人

  2. 無職の人

  3. 他で融資を受けていて支払いが怠っている人

逆に、この3つを満たしていたら、審査に落ちることはかなり少なくなります。

3つの中でも特に重要なのは「本人確認」です。

申し込みの際に、本人が申し込んだのかどうかを確認できるかどうかはアナタが思っている以上に重要です。

だから、申込み後にかかってくるカードローン会社から電話は必ず出るよにしましょう。

その電話にちゃんと出ることができれば本人確認が成立します。

中には、家族が出て本人と話ができないという理由から審査に落ちるケースもあります。

上記に挙げた3つの条件を満たして初めて審査通過への道が開けます。

また例外として、審査に通らない理由に申し込み内容に間違ったことを書いているというケースがあります。

生年月日や年齢、就職先などを間違ったり、意図して偽ったりした場合は、審査に通らないケースがあります

要は、嘘つく人にはお金は貸せないということです。

最近はインターネット上で申し込みができて即日審査が可能ではありますが、カードローン会社はアナタの個人情報を信用機関で調べることができるので、おかしい時は訂正を求めてきたり、場合によっては審査不通過ということもあります。

よって、嘘偽りのない正確な情報を記載するように心がけて下さい。嘘は必ずバレますから。

年収、勤続年数、居住年数が多い方が審査に通りやすい。

カードローン会社でお金を借りたり、銀行でお金を借りる際に必ず審査があります。

ここで審査をすることによってその人の信用がどれくらいあるのかを見ます。

まずは年収です。年収とは一年での総収入額です。社会保険や市県民税、所得税など引かれる前の金額になります。

これを見ることによってその人の経済状況が把握できます。

もちろん、年収が高いほうがお金を借りる場合の信用は高くなります。

次に勤続年数です。これはその人が勤めてからどれくらいの期間そこで働いているかを表すものです。

もちろん勤続年数が浅ければ、仕事をして間もない状態で今後続くのか、続かなかった場合収入が無くなり返済が厳しくなるのではないかなどというマイナスイメージがつきますので信用は低くなってしまいます。

逆に、勤続年数が長ければ、そこの会社での信用がある、またすぐには退職することは考えにくい、忍耐力があるなどの理由からお金を借りる際の信用は高くなります。

また勤続年数に似た審査内容として居住年数があります。これも居住年数が長ければ長いほど信用があります。

居住年数が長ければ同じところでずっと生活しているということになり、それが収入が安定していることにつながるのです。結果、返済能力もあるとみなされて信用が高くなります。

このように日本では、年収と勤続年数と居住年数はお金を借りる際の重要な審査項目になりますので、同じ所でしっかりと長く働いて安定した収入を得られている人の方が審査に通りやすいと言えるでしょう。

利用目的は無難に「レジャー」でOK

日雇い労働をやっているのにケガをして入院してしまいその間の稼ぎがなくお金がないという人、結婚式が続いていてお金がかかりすぎて生活に余裕がないという人、先月飲み代に使いすぎて金欠な人など・・・・

こんなお金に困っている人たちがまさかの時のために持っておきたいのがカードローンです。

カードローンの中で特に人気なのが利用目的が自由なローンです。

家を買うための住宅ローン、車を買うためのオートローンなど目的があってお金を借りるローンもありますが、どんなことに使うかはその人次第という利用目的が自由なローンが今は主流です。

利用目的自由なので、欲しい服を買ってもいいですし、旅行に行ってもいいですし、飲み代に使ってもいいですし、恋人へのプレゼントを買ってもOKです!

申込時に聞かれたら、無難に「レジャー」とでも答えておけばいいでしょう。

金利面においても、最近の消費者金融系のカードローンは銀行傘下になっているところが多いので、だいぶ低金利になってきました。

以前に比べると、金利がかなり低くなっていますし、限度額も年々上がっています。(そんなに借りたい人いるの?と思ってしまいますが・・・)

また、カードローンを利用する人が増加したのは、ネットによって申し込み方法が簡単になったからだと言われています。

以前は店舗で申込みをするしかなかったですが、今は自宅でPCから、外出先で携帯電話やスマホからいつでもどこでも申込みができます。

審査の結果が来るのも早いところで最短30分というところもあります。審査基準に関するノウハウが貯まってきたので審査結果が早くなったと言われています。

申し込みが平日の14時くらいまでに済んでいれば、その日のうちに借り入れができるカードローンもあります。

今すぐにお金が必要という人からは非常にありがたいサービスですね!

借り入れしてから30日間利息が無料となるカードローンもありますし、返済日の前日にメールでお知らせしてくれるところもあり、カードローンによってさまざまな特典があります。

総量規制と本人確認書類、収入証明書類をクリアすることが条件

すぐにでもお金が必要という方は、その日のうちのお金が借りられる「即日カードローン」の利用を考えていると思います。

しかし、中には「自分は審査に受かることができるだろうか?」と不安になっている方もいると思います。

では、即日カードローンを利用するためには、どういった条件をクリアしている必要があるのか、ご紹介しましょう。

まず、「総量規制」をクリアしていることが第一条件となるでしょう。

現在では「総量規制」という法律により、借入を行う際には年収の3分の1以上の借入を行うことができなくなっています。

すでに何らかのローンを組んでいる方は、自分の年収などを計算し、総量規制の対象となっていないか事前に確認してみましょう。

しかし、住宅ローンや車のローン、学費ローン、医療ローンなどに関しては、総量規制の対象とはなりませんので、安心してくださいね。

そして、もうひとつクリアしなければいけない条件は、確認書類がすぐに準備できること。

審査の際には、「本人が確認できる書類」や「収入を証明できる書類」などの提出が必要となります。急いでいる方は、すぐに準備できるか、確認してみましょう。

このように、即日カードローンを利用するためには、これらの条件にクリアしていなければ、審査に受かることは難しくなります。

また、カードローンを利用する時は、中小の消費者金融などを利用すると、後々トラブルになることが多いですから、テレビCMをやっているような大手カードローン会社を選ぶようにしましょう。それが、自分を守るための方法でもありますよ。

カードローンの審査に通らない、審査に落ちる理由に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加