▼今すぐお金を借りたい▼

人によっては信用情報に延滞情報が登録されてしまうので注意が必要です。

現代人の多くが携帯している電話ですが、毎月の料金は数千円から数万円と高額です。

更に中高生を中心に人気が高いのがスマホです。

スマホは手軽にネットが利用できるため、高機能な携帯電話として多くの人に利用されています。

学生だけでなくビジネスマンには仕事をサポートするため使用する人もいれば、主婦には友人や子供との連絡に使用します。

高機能な機器ですが、スマホ料金に至っては、基本使用料が5千円を超えているため、ひと月の電話使用料を足すと更に高額になり、平均使用料が1万円を超える人も多くいます。

こうなると携帯代を支払えないと言う人もいます。

しかし携帯がないと仕事に支障をきたしたり、家族や友達と連絡がとれないと言う事もあり、現代社会では携帯は日常生活で必要不可欠な存在となっています。

そのため高額なスマホ料金であっても、携帯代は支払い続ける必要があります。

また、端末を割賦販売で購入した人は、支払いを延滞すると信用情報にその情報が登録され、5年間はその情報が残ってしまいます。

この5年間は新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなると言われています。

このような最悪の状況を避けるために、スマホ料金が支払えなくて突然お金が必要になった時は、カードローンで借りる方法があります。

簡単な審査で即日融資が可能なため、困った時にすぐに用意ができます。

少額から借り入れが可能ですし、資金利用用途は自由なため、支払えない携帯代に充てる事もできます。

借り入れはウェブからパソコンでもスマホでも申込が可能ですし、返済も自宅近くの提携ATMやコンビニからできます。

また、それと同時に高くて払えないスマホ料金の見直しも必要です。

携帯会社によっては、固定電話とセット割や学生割などを行っています。割引対象があれば利用する事で月の料金を安く抑える事が可能です。

3ヶ月滞納すると指定信用情報機関に登録されて5年は乗ります。

現在はスマホや携帯電話を持ち歩いていない人を探すのが難しいくらい幅広い世代に浸透しています。

電話だけでなく、どこでもインターネットを活用できるため手放せないアイテムとして定着しています。

最近はインターネットを使いすぎて高額なパケット代が請求されたり、課金アプリの使いすぎで高額な費用が請求されるケースが多発して問題になっています。

余程のことがない限りはパケット代や課金アプリの料金はどんなに使いすぎても自己責任のため、きちんと支払わなければいけません。

特に、「2年契約で実質0円」という表示でスマートフォンをい買った人は注意が必要です。これは、毎月の料金にスマホの端末代が24回(2年分)に分割して加算されるからです。つまり、最初に端末料金を用意しなくていいだけで、本当に0円でスマホを買えたわけではないということです。これを「割賦(かっぷ)契約」と言います。

あまりにも高額なスマホ料金や携帯代を請求されて払えない状況になった場合に、注意したいのが支払いの延滞です。

銀行口座から引き落としできなかったり、指定した期日まで支払いしなかった場合は、将来的にデメリットになる部分が多くあります。

支払期日までにきちんと料金を支払わなかった場合はスマホや携帯が使えない状態になり、電話としても使えない状態になって誰とも連絡が取れない状況になってしまいます。

それでも料金を支払わないと強制的に解約され、キャリアを変えても契約できない状態になります。

ここまで来ても支払われない場合は、最悪財産差し押さえによる強制執行の可能性もあります。

更に、機種代を割賦契約していた人で支払いが3か月以上滞った場合は、金融機関が共有している指定信用情報機関にも支払遅延の事実が5年間は残されます。

そうなると、クレジットカードの契約が難しくなったり、住宅ローンや車のローンの利用も難しい(審査に通らない)状況になる場合もあります。

様々な場面でデメリットになる場合が多いため、スマホ料金や携帯代は延滞をしないように注意、そして努力して下さい。

どうしてもスマホ料金や携帯代が払えない方は、カードローンを利用して期日までい支払いをする選択肢をおすすめします。

カードローンなら無理のない分割払いでの返済も可能になるため、家計に大きな負担をかけずに支払いできます。

現在はカードローンを取扱っている会社の多くでは低金利で気軽に利用しやすい環境にしているケースが多いです。

きちんと計画を立てながらご利用頂ければ、安心して便利に活用できます。

たかが携帯料金の滞納だと侮っていると、個人の信用や財産を失うことにも!

携帯電話料金を格安に抑えられるとして人気が高いウィルコムですが、使い方によっては高額な費用が請求される場合もあります。

確かに、ウィルコム同士であれば無料通話で大幅に料金を抑えられますが、他社キャリアとの通話に関してはあまりメリットがありません。

有料アプリを使いすぎると、当然のように簡単に請求される料金も跳ね上がります。

ウィルコムの料金が予想よりも高い金額で請求された場合、そのまま放置して滞納するのは絶対に避けましょう。

仮に、ウィルコムの料金を支払わないまま過ごしているとどうなるのか確認してみましょう。

支払期日を過ぎても料金が支払われなければ利用ができない状態になります。

支払期日の6ヶ月以内には利用停止になって、それでも支払ってもらえなければ強制解約処分がされます。

基本的に、3ヶ月滞納していれば強制解約される場合が多いそうです。

強制解約されると債権者が管理会社に移されて、滞納していた分をまとめて支払うように求められます。

それでも滞納を続けた場合は訴訟を起こされて裁判になり、強制的に財産を差し押さえられる処分がなされます。

ウィルコムの料金と引き換えに、あなたの大切な財産を失ってしまうのです。

機種代金を割賦契約していた方は個人信用情報にも滞納の事実が記載されて金融事故扱いになります。

クレジットカードを作りたくても断られる、自動車ローンや住宅ローンが組めない等の悪影響を5年間は残す結果になるため注意が必要です。

たかが携帯料金の滞納だと侮ってはいけません。

ウィルコムの料金が払えない場合は、カードローンを活用して支払う選択肢を選ぶようにしてください。

カードローンで必要なお金を借り入れて、返済を月々の分割払いなら無理なく支払いできるはずです。

きちんと計画を立てて利用すればカードローンは決して怖い存在ではなく、とても便利なものです。

支払期日が迫っている方でもカードローンなら、その日のうちに融資を実行してもらえる場合が多いです。

早めに支払いを済ませて、安心して過ごせるようにご検討下さい。

スマートフォンの携帯料金が払えない時はカードローンで1万円ほど借りて払えばいい。

スマートフォン料金が払えない時に1万円借りるには、まず延滞している物がある状態であればそれらを支払ってしまい、支払いを終えた状態でカードローンでの借り入れを行う事ができるようにする事が重要です。

お金を借り入れる時の審査そのものは、事実上返済などで延滞しているものがあるのかどうかという事がかなり関係してきますし、スマートフォン料金についてもそれに該当します。

ですから、スマートフォン料金が支払えないからと言って安易に滞納するではなく、カードローンで1万円借りてでもスマートフォン料金の支払いを済ませ、1万円以上の借り入れをする事ができる可能性もあるので、生活を潤わす事ができるようになります。

お金を借りるには、返済を定期的に行っている方がベターなので、できるだけ延滞しているものがあるのであれば、支払いを済ませ、延滞履歴を今以上に残さないようにするのが大切です。

延滞しないように支払いを済ます事ができれば、カードローンの審査にも通る事ができます。

お金を借りることで、払えない状態になっていた支払いを返済することが可能となる為、払えない状態から払える状況を作りだす事が可能となります。

尚、審査については厳しくないところで審査を受けた方が借り入れをできる確率も上がるので、できるだけ審査が厳しくないと言われているようなカードローンを選んで申し込みを行うと、少しの金額で借り入れができる状態にできます。

具体的には低金利なカードローンほど審査が厳しいと思って頂いてOKです。

クレジットカードの支払いができないに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加