▼今すぐお金を借りたい▼

ここで紹介する5つのポイントを抑えれば今日中に借りられる可能性が高くなります。

どうしても「今日中にお金を借りたい!」「当日中に銀行口座にお金を振り込んでほしい!」という時ってありますよね。急遽、お金が必要になる時が。

そんな人のために、カードローンで今日中・当日中にお金を借りるために必要な5つのポイントについて解説します!

1つ目のポイントは、消費者金融系のカードローンに申込むということです。

カードローンには銀行系と消費者金融系の2種類がありますが、銀行系は金利は低いですが、審査から融資までに数日を要します。つまり、急いでいる人に向いていないということです。

一方、消費者金融系のカードローンなら審査は最短30分で、当日振り込みも十分に可能です。

なので、今日中にお金が必要な人の選択肢は消費者金融系カードローンということになります。

2つ目のポイントは、平日の銀行営業日に申込むということです。

カードローン会社は基本的に365日休みはありません。土日祝日でもウェブから申込むことができます。

しかし、振込作業を行っているのは銀行です。つまり、銀行が休みの日は当日振り込みはできないということです。

3つ目のポイントは、できればお昼まで、遅くても14時までにウェブから申込むということです。

これも銀行の営業時間が関係しています。銀行は15時までの振り込みなら当日扱いにしますが、15時以降の振り込みは翌日扱いにするからです。

カードローンの審査は申し込み順に行われるので、アナタが14:30にウェブから申し込んだとしても、そこから審査と手続きで15時は回ってしまいます。つまり、翌日扱いになるということです。

なので、早い時間帯に申込むようにしましょう。

4つ目のポイントは、融資額は年収の3分の1以内に抑えるということです。

2010年6月に導入された総量規制という法律の関係で、年収の3分の1を借りるお金は借りられないことになっています。

つまり、年収450万円の人なら150万円以上のお金は借りられないということです。

5つ目のポイントは、ウェブから申込むということです。

なぜなら、ウェブからの申込みが一番早いからです。どのカードローン会社もウェブからの申込が一番多いので、一番力を入れています。ウェブからならパソコンだけでなく、スマホからも申込できます。

以上が、カードローンで今日中・当日中にお金を借りるための5つのポイントです。

審査は申し込み順に行われるので、土日のうちに申しこめば月曜朝一番に振り込んでもらえます。

急なお金が必要になることは珍しくありませんが、それが土日などの休日となると金融機関も休んでいることが多いので、とても困ってしまうものです。

とはいえ、土日、休日にお金を借りる方法はいくつかありますので、まずはその方法を調べていきましょう。

まず、クレジットカードをお持ちなら、そのカードを活用していきましょう。

ショッピングではクレジットカードさえ持っていれば現金を持たずに支払うことができます。

さらに、クレジットカードにはショッピング枠だけではなく、キャッシング枠も用意されていますので、あらかじめキャッシング枠を設定している人なら、暗証番号があれば土日や休日でもすぐにコンビニなどの提携ATMからお金を引き出す事が可能です。

クレジットカード以外の方法で土日休日にお金を借りる方法としては、自動契約機のあるカードローン業者を利用する方法もあります。

自動契約機なら人を介さずにその場でカードを発行してもらえますが、土日でも利用できることが多く、手続きを済ませ審査をクリアすれば、その場でカードを受け取ることができます。

そして、すぐに併設のATMや提携の銀行ATMやコンビニATMでお金を引き出すことが可能となります。

また、ここは重要な点なのですが、月曜朝一番にお金が必要だったとしても、土日のうちにウェブから申し込んでおいた方がいいです。

というのも、カードローンの審査は申し込み順に行われますが、月曜午前中は一番込み合うからです。

1人でも早く審査をしてもらい、少しでも早く融資してもらいたいなら、土日のうちにウェブからカードローン会社のホームページ経由で申込むことをオススメします。

事前に申し込んでカードを発行しておけばATMから休日でも利用できます。

お金が必要になるのは平日とは限りません。土日・休日・祝日でもお金が必要になることはあるでしょう。

そんな時のために土日・休日・祝日でもお金を借りることができるカード会社を知っておくと便利です。

一般的に、カードローン会社からお金を借りる場合は銀行口座に振り込んでもらうのですが、銀行は土日・休日・祝日が休みのため振り込まれるのも翌営業日となってしまいます。

これが平日にしかお金を借りられない大きな理由ですが、現在では提携銀行のATMやコンビニのATMからお金を借りることも可能です。

すでにカード会社と契約をしているという場合ならお持ちのカードを使って365日いつでもATMからお金を借りることができます。

これから契約をしようと考えている方も申込みやカードの発行自体はインターネット上からパソコンやスマホで簡単にできます。

カードが発行されたら同様にATMを利用してお金を借りましょう。

お金を借りる先はカードローン会社だけではありませんが、土日・休日・祝日でもお金が借りられるカードローン会社はいざという時に非常に役立ちます。

今すぐ現金が必要なのにどうしても用意できないケースではとにかくスピードが大切ですが、カードローンなら手軽に、そして素早くお金を用意することが可能になるのです。

万が一の時に困ることがないように、こうした土日・休日・祝日でも使えるカードローンを作っておくと便利です。

また、カードローンは申込にあたっての手続きも短ければ30分ほどで終わるところが多く、手続自体が手軽にできるのも大きな特徴になっています。

急いでいる方には最適な選択肢と言えるでしょう。

もちろん、審査に通らなければいけませんし、返済についてもしっかりと考えて計画的に利用することが大前提となりますが、上手に活用をすれば日々の生活をより快適にすることができるありがたいサービスになることは間違いありません。

さらに、低金利でお金を借りられることも魅力です。

平日以外の銀行がお休みの日でも借りれるカードローンはアナタの強い味方になってくれます。

確実に今日中にお金を借りたいなら午前中に申し込むのがベスト。

どうしても今日中にお金が必要、こんな状況も珍しくないと思います。

こうした時、カードローンは即日でお金を借りることができて非常に役立つのですが、注意しなければいけない点もあります。

まず、即日融資といってもその条件は各カード会社で違うということです。

契約額が50万円までの会社もあれば、審査完了後に免許証をはじめとした本人確認書類をFAXで送信しなければいけないところもあり、こうした条件を把握しておかなければ当日中にお金を手に入れることができなくなってしまう可能性もあります。

また、ほぼ全てのカード会社が申込み当日の14:00時頃までに手続きを完了させなければいけないとしています。

カード会社からの借入は銀行振込で行われますが、15:00になると銀行が営業を終了してしまうため、15:00までに間に合うようにするためには遅くても30分前には審査をはじめとした手続きを完了させていなければならないからです。

銀行の営業時間が大きく関わってくるので、土日・祝日は無条件で当日中の振込が不可能になります。

さらに注意したいのは申込をする人は自分だけではないという点です。

多くの人が申込をすれば、申込をした順に1人ずつ審査を行い手続きを進めていくことになります。

他に申込者がいなければ14:00前後に申込をしても十分間に合うと言えますが、そうでなければ翌営業日の振込となってしまう可能性も出てきます。

こうしたことも考えると、今日中にお金を手に入れたいのであれば午前中に申込を行うのがベストとなります。

これなら審査完了後に手続きがあったとしても余裕があります。

現在ではパソコンやスマートフォン、携帯電話を使ってインターネット上から申込をすることも可能になっています。

インターネットなら場所を問わずに利用することができますので、緊急の自体にも対応しやすく便利です。

今日中にお金を借りるためにはとにかくスピードが重要になってきます。

融資額は年収の1/3までというルール「総量規制」とはに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加