▼今すぐお金を借りたい▼

罰金や反則金を支払わないでいると懲役刑になることも!

車の運転中に交通違反を起こす方の中で多いのがスピード違反です。

法定速度を守らずに速度超過で取り締まりを受けて、警察からキツイお叱りを受けた経験がある方も多いはずです。

スピード違反は法定速度からどのくらいオーバーしているかによって反則金が異なります。

15キロ未満の場合は9000円ですが、25キロ以上30キロ未満では倍の18000円になります。

高速道路から下りた直後や真っ直ぐで見通しの良い道路を走行中はスピード違反を起こしやすいため注意が必要です。

スピード違反で取り締まり対象となり反則金が必要になるのは俗にいう青切符で、比較的軽い反則行為です。

一般道の場合は30キロオーバーだと悪質な反則行為になって赤切符が切られて罰金を支払わなければいけません。

罰金刑を受けると刑事上の罰を受けた前科者となり、犯罪者名簿に記載される事になります。

反則金と罰金では大きな違いがありますが、いずれにしてもお金を支払わなければ最悪懲役刑になる可能性も考えられます。

スピード違反の罰金や反則金を期日までにどうしても払えないため、足りない分の2万円借りる際に最も簡単なのがカードローンの活用です。

どうしても2万円が用意できない場合はカードローンで融資を受けて支払い、借りた分は月々分割で返済した方が良いと考えられます。

カードローンなら比較的借りやすい条件を提示しており、安定した収入があり、他社から多額の借入金がない方なら問題なく利用できると考えられます。

カードローンを取扱っている会社はたくさんありますが、多くの方にご利用頂けるように低金利でご利用できたり、無利息期間を用意している場合もあります。

申込をしてから30分から1時間くらいの間に審査結果がわかり、その日のうちに本契約をして融資を受けられます。

これを機会にカードローンの契約をしておけば、また急に現金が必要になった時でもすぐに融資を受けられるメリットもあります。

しっかりと返済シュミレーションをして計画的にご利用になればとても便利に活用できますよ。

お金がなくて払えないなら、カードローンでお金を借りて罰金や反則金を支払うという方法もあります。

自動車のスピード違反で青キップとも呼ばれる交通反則告知書を取られた場合、まず最初に「仮納付書」と呼ばれる郵送物が住んでいる家の住所先へと送られてきます。

仮納付書の場合の有効期限は告知を受けた翌日から一週間を期限としており、まず仮納付書の期限内までに罰金・反則金を支払うことになっています。

もしも、その期限内に払えない場合や払わないなどで支払いが滞った場合には次に送られてくるのが「本納付書」です。

この通知書は、スピード違反で捕まってから40日ほどで住んでいる住所へと送られてきます。

その際にはスピード違反の罰金・反則金の金額に手数料を800円追加した金額が加わって送られてきます。

この本納付書に書かれている罰金・反則金が払えない、あるいは払わないということになった場合、警察が悪質とみなし逮捕、刑事起訴されるということも起こりえます。

なので、必ず遅くても本納付書の期限までには違反したときの罰金や反則金は納付する必要があるといえます。

ただし、納付期限までに支払えなかった場合において、出頭日に各都道府県の通告センターへ出頭して罰金・反則金を支払い直すことは可能です。

交通違反の罰金や反則金の支払い場所については、簡易郵便局を含む郵便局や銀行へ行って支払う形になります。

支払い方法は納付書・領収証書に反則金を添えた上で、金融機関の窓口に直接支払います。

払えないからといって罰金・反則金の分納についてはできないこととなっており、現金のみの支払いのみ受け付けています。

また、通告センター宛に現金書留で反則金を送ることもできませんことを留意します。

まとまったお金がなくて、分割で支払いたいという場合は、カードローンでお金を借りて、そのお金でスピード違反の罰金・反則金を支払い、あとはカードローン会社に毎月数千円ずつ返済していくという方法もありますよ。

語学留学したいけどお金がないに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加