▼今すぐお金を借りたい▼

結婚式が重なるとご祝儀貧乏になりますよね。。

結婚式はおめでたい席ですが、お金が必要になるのが嫌だという方も多いです。

せっかく招待されたのだから祝福してあげたい気持ちはあるけど、お金の無い時期にお呼ばれすると心から喜んであげられないのがもどかしいところです。

結構式で着る服や髪の毛をセットする費用はもちろんですが、多くの方が気を使うのがご祝儀です。

どのくらいの金額を包むべきなのか迷うものですが、平均すると3万円がご祝儀の相場とされています。

偶数は割りきれて将来的に別れるものだと捉えられ、縁起が悪い数字として敬遠されるため2万円は避けるべきとの考え方が一般的です。

1万円ではさすがに少ないため、最低でも3万円を包むのが一般的です。

決して安い金額ではないため、なかなかご祝儀分が捻出できずに困っている方も多いと思います。「結婚式貧乏」「ご祝儀貧乏」という言葉があるくらいですから。

しかし、お金が無いからといって欠席にするのは避けたいものです。その人にとっては、一生に一度の幸せな行事ですから。

結婚式のご祝儀が払えないため、取り急ぎ3万円借りる場合に便利なのがカードローンです。

様々な会社でカードローンを取り扱っていますが、最大のメリットは借りやすい点です。

お申込みをしたその日のうちに審査結果が出て、問題なく契約が済めば当日中に融資がされます。

とにかく急いで現金が必要な時にも便利にご活用頂けます。

例えば、結婚式当日までどうしても現金が用意できなかった場合、取り急ぎカードローンに申込をしてそのまま結婚式に向かってご祝儀として持参もできます。

カードローンを契約していれば、結婚式に限らず急にお金が必要になった時にもすぐに融資を受けられるメリットは大きいです。

かつてはカードローンは利息が高いイメージが強く、利用しにくいと感じていた方も多いですが、現在は低金利でご利用頂ける会社が増えています。

急な出費が必要な時に気軽にお金を借りる相手が近くにいない場合は、カードローンを上手に活用する選択肢もご検討下さい。

無理のない返済計画を立てて、余裕がある時にはまとめて返す工夫をすると利息の節約にも繋がります。

お金がないという理由で欠席したら友達失いますよ。

ある程度の年齢になれば、結婚式に招待される機会が増えてきます。

月に数回重なってしまうというのも珍しい話ではないのです。

結婚式はおめでたいイベントなので、可能な限り出席したいと思っている人は多いと思います。

しかし、ご祝儀が負担になってしまうこともあるのです。

結婚式に出席する場合のご祝儀は、一般的には3万円と言われています。

学生にはもちろんのこと、毎月の収入がある社会人でさえ負担になってしまう金額です。

ご祝儀が払えないため結婚式を欠席した経験がある人も多いようです。でも、それってちょっと悲しいですよね。。そこでお勧めなのはカードローンです。

カードローンなら早ければその日のうちに銀行口座にお金を振り込んでくれます。

そのため、ご祝儀や携帯代が払えない人などが利用しています。他にも、生活費や飲み会のお金が足りない時などに利用できます。

最近では、スマホから来店不要でカードローンを利用する人が多いようです。誰にも会わずにお金を借りることができるというメリットがあるからです。

女性の場合はご祝儀だけでなく、美容院代やドレス代などもかかるので3万円では足りません。5万円ほどの出費は覚悟しておく必要があります。月に2回も結婚式が重なったら、それだけで月10万円の出費です。

ご祝儀が払えないという理由で結婚式を欠席することは、今後の付き合いにも大きく影響してきます。裏で何を言われるかも分かりません。自分の結婚式に来てくれる友達も減ります。

さらに、お金がないからといって、ご祝儀の金額を3万円以下にするのはお勧めできません。相場として3万円が最低ラインになっているので、3万円以下だとケチくさい印象を与えてしまい、せっかくのおめでたい結婚式を台無しにしてしまうからです。

将来的なことを考えるとご祝儀3万円はケチることは利口ではありません。カードローンで借りてでも、友達の一生に一度の幸せを祝ってあげるべきだと思いますね。

子供の学校の入学金・授業料・学費が足りないに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加